S
- 40代のアク抜きダイエットテク -

口呼吸→鼻呼吸で「顔の歪み」はなくなる!?

引き締まった顔つきのイケメンに憧れるけれど、顔は生まれもってのもの…と諦めてしまっている人はいないだろうか? 自分で卑下してしまう顔つきは、もしかすると口呼吸によってもたらされた後天的なものかもしれない。口呼吸によって顔が歪んでしまう「アデノイド顔貌」は、鼻呼吸を身につけることで治る可能性もある。そこで、口呼吸のデメリットと鼻呼吸のメリットについて、歯科医師の宮島悠旗先生に教えてもらった。

■今回のアドバイザー

歯科医師(歯学博士・日本矯正歯科学会認定医)
宮島悠旗
2005年3月 愛知学院大学歯学部卒業後、2006年3月 東京歯科大学にて研修医終了、研修医終了証取得。2010年3月 東北大学大学院歯学研究科卒業、歯学博士取得。2011年11月 東北大学大学院歯学研究科口腔保健発育学講座顎口腔矯正学分野 助教、日本矯正歯科学会認定医取得。2014年1月 宮島悠旗ブライトオーソドンティクスを起業。最新の技術で「噛み合わせ」と「エステティック」に配慮し、患者一人一人の要望に応える矯正治療を追及。矯正治療の技術を生かした一般歯科とのチーム医療で、歯の寿命を延ばし健康な体を保つために、理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案している。

思春期以降の口呼吸が「アデノイド顔貌」を引き起こす

宮島先生「近年、口呼吸による弊害は多くの人が知る所となってきました。虫歯や歯周病になりやすくなる、歯並びや歯の色が悪くなる(出っ歯)、口臭がひどくなる、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなる、アレルギーになりやすくなる…などなど、口呼吸は様々な悪影響をもたらすとされていますが、顔つきにまで好ましくない影響を与えてしまうことがあることはご存じでしょうか? 

『アデノイド顔貌』と呼ばれる独特の顔つきは、リンパ組織の集まりであるアデノイド=咽頭扁桃が肥大している人に起こりがち。鼻腔の奥にあり細菌やウイルスが体に侵入するのを防ぐ役割を持っていて、免疫力が弱い幼児期に肥大化して、鼻や口から入ってきた細菌やウイルスから体を守る機能を高めます。アデノイドが肥大化することにより、鼻の奥の空気の通り道が狭くなり、鼻呼吸がしづらくなりますが、大きさのピークは5歳頃。その後はだんだんと小さくなって、成長と共に免疫機能が成熟すると思春期にはほとんど目に見えない程度になり、鼻呼吸が安定します。

しかし、思春期を過ぎても口呼吸のクセが続いていると、アデノイドが肥大したままになることも。口呼吸をすることで細菌やウイルスが体内に侵入しやすくなり、アデノイドの肥大が繰り返されて、結果的に肥大したままになってしまうのです。口呼吸の習慣がついてしまうと成人でもアデノイドが肥大化してしまい、独特の顔つきの『アデノイド顔貌』になってしまうのです」

その顔つきは「アデノイド顔貌」の症状かも?

宮島先生「アデノイド顔貌の特徴は以下の通り。

●口元のしまりのない面長な顔
口呼吸の習慣が続き口を閉じていなかったことで、口の周りの筋肉が十分に発達せず、頬や口元がたるんでしまい、しまりのない面長な顔になります。年齢を重ねる程、頬のたるみが目立ってきます。

●二重あご
顎が後ろに引っ込んでいるために、二重あごになったり顎と首の境目がはっきりしない顔になります。

●出っ歯
口呼吸を続けることで口の周りの筋肉が弱くなり、前歯を外から抑えることができなくなるために、出っ歯になります。

●いつも口をぽかんと開けている
初期の頃は口呼吸が習慣になっているため、無意識にいつも口を開けている状態と言えます。しかし、口呼吸が長く続いた結果出っ歯になると、歯が出ているために意識しても口を閉じることができなくなってしまいます。

このほか、唇が厚くなり荒れる、鼻が低い、猫背姿勢といった特徴もあります」

アデノイド顔貌の悩みは矯正歯科で解決することも

宮島先生「このようなアデノイド顔貌のお悩みの多くは、矯正歯科治療で解決することができます。しかし、矯正歯科治療を受けても、口呼吸が続いていればまたアデノイド顔貌に戻ってきてしまうため、アデノイド顔貌になった原因の口呼吸がなぜ起きているのか、個人個人の原因を明らかにして口呼吸を鼻呼吸にしなければなりません。慢性的な鼻づまり、アデノイド肥大、鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)など鼻の異常があれば、正常な鼻呼吸をすることができないため、点鼻薬や飲み薬を使ったり、薬だけで治らない場合は外科手術が必要な場合もあります。

たかが見た目…と気にしない方もいるかもしれませんが、アメリカのテキサス大学の研究では『見た目が良い人の方が17%生涯収入が高い』という報告もあるように、見た目が人生に与える影響は決して少なくありません。アデノイド顔貌でお悩みの方は、矯正歯科治療で治すことによって年収がアップする…なんてこともあるかもしれませんね」

最後にアドバイザーからひと言

「アデノイドの肥大化の原因は口呼吸の他にも、自己免疫疾患、アレルギー反応、ホルモンバランスの乱れなど様々。原因を突き止めるためにも、まずは歯科医師にご相談ください」
Text by Takumi Arisugawa