kasuga01
- 40男が嗜む逸品 -

空前絶後! 春日大社の“至宝”が上野へ「特別展 春日大社 千年の至宝」

2016年に60回目となる「式年造替」(約20年に一度行われる社殿の建て替えや修繕)が行われた、創建から1200年以上の歴史を持つ春日大社。この大きな節目に、普段は社外で目にすることができない至宝約250点が展観される「特別展 春日大社 千年の至宝」が、2017年3月12日まで上野の東京国立博物館で開催中だ。

展示される100点以上が国宝または重要文化財

「古都奈良の文化財」としてユネスコの世界遺産に登録されている春日大社は768年、国家平安と国民の繁栄を祈願して創建された。古の都であった京から1日の行程で参詣できる距離にあった春日大社には、天皇や貴族、武士などが「春日詣」を行い、その際に自分の持っている一番良い物を奉納したという。そのため春日大社は「平安の正倉院」と呼ばれており、京都などではその多くが戦乱で失われてしまった平安時代の技法が使われた貴重な品が数多く残っている。

「特別展 春日大社 千年の至宝」に展示されているのは、なんと100点以上が国宝または重要文化財に指定されている「至宝」ばかりだ。
金地螺鈿毛抜形太刀 《平安時代・12世紀/春日大社蔵》 1月17日~2月19日展示
中でも平安時代に作られた、国宝「金地螺鈿毛抜形太刀」には目を見張ることだろう(展示は2月19日まで)。柄や鍔などの金具はメッキではなく金無垢で、そこに細かな文様が彫金されている。鞘には金粉を蒔き、竹林で猫が雀を狙う姿は螺鈿で表現。さらに竹の葉や猫の目、雀の頭部などには当時貴重品だったガラスが用いられている。ちなみに太刀は2016年の式年造替で現代の名工によって完全復元、奉納された(神様のもとにあるので今は見ることができない)が、こちらは4K映像でその詳細が紹介されているので、併せて鑑賞してもらいたい。

上野で“春日詣”ができる僥倖

春日大社の祭神である武甕槌命(たけみかづちのみこと)は、常陸国(現在の茨城県)鹿島から鹿に乗って御蓋山山頂へ降臨したとされており、春日大社では鹿を神の使いとしている(奈良公園で鹿の餌やりを体験したことがある人は多いだろう)。そのため「鹿島立神影図」や「春日権現験記絵」、屏風や像など、鹿をモチーフとした作品が多く展示されている。

春日権現験記絵(春日本)巻十二 《江戸時代・文化4年(1807)/春日大社蔵》 通期(展示場面替えあり)
さらには武士からの奉納品である鎧も展示されており、いずれも国宝の「赤糸威大鎧(梅鶯飾)」と「黒韋威伊予札胴丸」(いずれも展示は2月19日まで)の装飾の見事さには感嘆するはずだ。また馬上で矢を射るために作られた甲冑は、戦国時代とは形が違っているなど見どころも多い。ちなみに2月14日~19日は甲冑四領(2月14日からいずれも国宝の「赤糸威大鎧(竹虎雀飾)」と「黒韋威胴丸」が公開される)が揃うので、お好きな方はこの日程を狙ってみてはどうだろう。


赤糸威大鎧(梅鶯飾) 《鎌倉時代・13世紀/春日大社蔵》 1月17日~2月19日展示
最後には「春日若宮おん祭」で使われる「鼉太鼓(だだいこ)」が展示されているのだが、高さ6.5メートル、日本最大の太鼓は見る者を圧倒する大きさだ。そして本展には本殿(第二殿)が実物大で再現された場所があり、その本殿の板塀に描かれていた「御間塀(おあいべい)」が展示されている。それについて春日大社の宮司である花山院弘匡さんは「神様を身近に感じていただきたい」とお話しされていた(普段は本殿を間近で見ることはできない)。

とにかく貴重なものばかりで、東京国立博物館の学芸員をして「空前絶後」と言わしめる「特別展 春日大社 千年の至宝」。上野で「春日詣」ができる僥倖に感謝したい。

Text by Tamotsu Narita

Photo(main) 春日大社中門 《春日大社蔵/撮影:桑原英文》