レクサスNX Urban Style画像01
- 大人のための最新自動車事情 -

要所にブラックを用いた特別仕様のレクサス『NX』

レクサスのコンパクトクロスオーバーSUV『NX』に、特別仕様の「Urban Style(アーバンスタイル)」が仲間入りした。『NX300h』と『NX200t』をベースにブラックで統一したディテールやボディ同色のフェンダーアーチモールを採用し、さらに引き締まった印象へブラッシュアップ。『NX』らしいスポーティさはそのままに、より都会的空気感を付加したモデルとなっている。

コンパクトSUV『NX』にブラック塗装パーツをあしらった「アーバンスタイル」

2014年にデビューしたNXは、機敏な走りと先進的かつ力強さ溢れるルックスを持つレクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVである。

高剛性かつ軽量、振動減衰性に富むボディにより、快適なハンドリングと乗り心地を実現。空力性能が追求されたフォルムは、あらゆるシーンでの安定性を確保し、燃費性能まで向上させる。ほかにも、新開発サスペンションや機能的スイッチレイアウトといった、優れたコンフォート感をもたらすギミックも評価が高い。

特別仕様車「アーバンスタイル」のベースになっているのは、2.5Lハイブリッドシステム搭載の『NX300h』と、 2.0Lターボエンジンを積む『NX200t』の“I package(Iパッケージ)”。タッチスイッチ式オーバーヘッドランプやアウトサイドドアハンドル照明、「ナノイー」機能付き空調などが標準装備される、実用性が高く人気のあるグレードだ。

「アーバンスタイル」は、スピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールにそれぞれブラック塗装を施し、フェンダーアーチモールはボディと同色のカラーリング。要所に用いた黒のおかげで、NXらしいスポーティさを損なうことなく、モダンかつスタイリッシュな雰囲気となっている。さりげなく輝くメッキサイドドアモールの存在感も見逃せない。

カラーバリエーションは5色、お買い得プライスのレクサス『NX アーバンスタイル』

ボディカラーは、「ソニッククォーツ」「ソニックチタニウム」「ブラック」「レッドマイカクリスタルシャイン」「スパークリングメテオメタリック」と、外れのない全5色をラインナップ。インテリアカラーは、ホワイトオーカー、ガーネット、ブラックの全3色が用意された。

シートマテリアルは従来のIパッケージと同様に、限りなく本革に近い風合いと手触りを実現したシンセティックレザー、Ltex(エルテックス)を採用。高級感を堪能できる一方、手入れが簡単なので、育ち盛りの子どもがいる家庭でも安心してファミリードライブが愉しめるだろう(下の写真は北米仕様)。
ワンランク上の顔つきとなりながら、価格はベースモデルと大差ないのもうれしいポイントだ。特別仕様のアーバンスタイルは、NX300hの2WDが516万円で、AWDは542万円。NX200tなら2WD452万円、AWD 478万円(いずれも消費税込み)。Iパッケージに10万円ほど上乗せするだけで、価格差以上の満足感が得られるのである。都会的な洗練をプラスし、ひと味違うカラーバランス&デザインとなったレクサスNXの特別仕様車。間違いなくお買い得な1台だ。

Text by Sachio Kanai

Photo by (C) LEXUS