ウイスキー好きは必見!ウイスキーを保管する際に押さえておくべき3つのポイント
- NOMOOO powered by éditeur -

ウイスキー好きは必見!ウイスキーを保管する際に押さえておくべき3つのポイント

ウイスキーをボトルで買っても、早いうちに飲み終えるのはなかなか難しいですよね。封を開けていないウイスキーであれば賞味期限はほぼないものと同じ、だからといって適当に保管をしてしまってはいませんか?賞味期限がないといっても保管環境が劣悪だとどんどん劣化が進み、飲めないほどまで味が落ちてしまうことも。そんな勿体ないことをしない為にも、今回はウイスキーを保管する際に押さえておくべき3つのポイントをご紹介します。

目次

ウイスキーを保管するためのポイント1:適度な温度の維持ウイスキーを保管するためのポイント2:光に触れさせないウイスキーを保管するためのポイント3:空気との接触を避ける

ウイスキーを保管するためのポイント1:適度な温度の維持

ウイスキーを保存する上で大事なことの1つとして適度な温度を維持することがあげられます。年間を通じて20℃程度の場所での保管望ましいです。「冷暗所での保存」とよく言われていますが、ここで間違えないで頂きたいことが冷蔵庫では保存しないということです。

冷蔵庫で保存することによってウイスキーは冷えすぎてしまい、次飲むときに少々面倒なことになってしまいます。また、冷蔵庫では微妙な振動があったり、紫外線を発生させる冷蔵庫があったりします。このためにウイスキーの香り分子が変化してしまう危険性もあり、冷蔵庫での保管はNGとなります。
「あなたの自宅のもっとも涼しい場所」での保管を心がけましょう。

ワインセラーを利用する
出典:ワインセラー LW-S12 12本収納

光や温度、さらに振動にも弱いワインを保管するためのものがワインセラーです。ウイスキーはワインほどデリケートなものではないですが、ワインセラーを使うことでウイスキーの保管もよりいい状態で保管することができます。適度な温度が維持されているワインセラーを利用してみてください。

ワインセラー LW-S12 12本収納の購入はこちら

ウイスキーを保管するためのポイント2:光に触れさせない


ウイスキーを保管する上で次に大事なことが光に触れさせないことです。光に触れさせてしまうことでウイスキーの状態は変化してしまいます。
特に太陽の光に含まれる紫外線の光エネルギーは強く、ウィスキーボトルの分厚くて暗い色のガラスも容易に貫通し、中身に変化を与えてしまいます。直射日光はもちろん、やや明るめの場所での保管も避けましょう。

箱に入れて保管する

光に触れさせないという点でベストなウイスキーの保管の仕方は箱に入れて保管することです。ここでの箱は、最初にウイスキーを買ったときに入っていた箱を使うのでもいいですし、ちょうどいいサイズの箱を使用しても構いません。光を遮断してくれると同時に、多少の衝撃も吸収してくれます。
より完璧を目指すならば、アルミホイルなどでウイスキーのボトルを巻いてもいいでしょう。

ウイスキーを保管するためのポイント3:空気との接触を避ける


ウイスキーを保管する上で最大の敵が「外の空気」です。酸素と触れてしまう回数や面積で劣化に影響し、また、微妙な隙間からアルコールが抜けてしまうこともあります。ウイスキーの味や香りが飛ばないようにするためにも空気との接触は避けなければなりません。

小瓶に移す Square decanter of brandy on a dark background

空気との接触を避ける上で効果的な方法として、小瓶に移すという方法があります。とくに少しだけ余ってしまったという少量のウイスキーを保管するときにこの方法はおすすめです。密閉性の高い小瓶を選び、空気との接触を減らしてあげましょう。

プライベート・プリザーブを利用する
出典:ワイン保存器 プライベート・プリザーブ φ65xH295mm 750mL

プライベート・プリザーブとはもともとワイン用の商品で、ワインを保存する際に使用されるガスのことです。保存する際にビンにガスを吹き込み栓をすることによって、ガスの層により空気がワインと接触しないようにすることができます。
3~4回、シュッ、シュッと吹き込むだけで問題ありません。

ワイン保存器 プライベート・プリザーブ φ65xH295mm 750mLの購入はこちら

パラフィルムを利用する
出典:エル・エム・エス パラフィルム4インチ 長さ125フィート PM-996

ボトルとキャップのわずかな隙間から空気に触れてしまったりアルコールが抜けてしまったりすることを防ぐアイテムがこの「パラフィルム」です。多くのバー等でウイスキーやワインの保存に利用されており、少し延ばしながらボトルの栓の周りに巻き付けるだけで段違いの保存環境になります。

エル・エム・エス パラフィルム4インチ 長さ125フィート PM-996の購入はこちら

一番手っ取り早い方法はすぐにウイスキーを飲み終わってしまうことかもしれません。開栓してからの変化を楽しむことも良いでしょうができるだけ1週間以内に飲み終えてしまえばその香りや味を十分にあじわえますよ。それが難しいからこそ、今回ご紹介した3つの方法で、ウイスキーの味や香りを飛ばさずに良い状態で保管してみてください。折角のおいしいウイスキーのボトルを長く楽しみましょう。