柚子の香りとダシの利いた「大根の炊いたん」に常陸野ネストホワイトエールを合わせてみた結果
- NOMOOO powered by éditeur -

柚子の香りとダシの利いた「大根の炊いたん」に常陸野ネストホワイトエールを合わせてみた結果

冬らしい寒波が到来した1月中旬。身体が芯まで冷えるこんな夜は、ほっこり炊いた大根に柚子の香りをのせて、じんわりとあたたまりましょう。

【今宵の肴】柚子香る「大根の炊いたん」

材料

大根 2分の1本 柚子 2分の1個 だし汁 600ml しょう油 大1 酒 大2 みりん 大1 1.大根の下茹でをする


大根を約2cmの輪切りにし、厚めに皮をむきます。

鍋にたっぷりの水と大根を入れます。
*このとき、大根のアクを抜き柔らかく煮るために米のとぎ汁を使います。米のとぎ汁がなければ、画像のようにひとつまみ程度の生米を入れます。

大根に竹串がスッと入るまで柔らかくなったら火を止め、ザルにあけます。

2.柚子の下処理をする


柚子を半分にカットし、果汁を絞ります。

柚子皮の表面をそぎ切りします。

そぎ切りした柚子皮を千切りにします(適量)。

3.おつゆをつくる


鍋にだし汁、柚子の絞り汁、しょう油、酒、みりんを入れ、ひと煮立ちさせます。

4.大根をおつゆで煮る


下茹でした大根をおつゆに入れ、弱火でコトコト煮て味をふくませます。

大根の色がだし汁の色あいに変わったら火を止め、盛り付けます。大根の上に柚子の皮をちらして完成。

【今宵のお酒】常陸野ネストビール ホワイトエール(木内酒造)


柚子香る大根の炊いたんに合わせるのは、小麦とスパイスが香るベルジャンホワイトスタイルのビールです。こちらは木内酒造 常陸野ネストビールのホワイトエール。フレイバーの中に感じるオレンジ、コリアンダー、ナツメグなどの風味が、薬草のように凍えた体をほぐしてくれます(夏にはこれが清涼に感じるのだから不思議)。

それでは早速、大根の炊いたんを。あたたかな大根がほろほろととろけ、お出汁と柚子の甘い香りが口いっぱいに広がります。そこへ、ホワイトエールをひとくち。大根の甘み、柚子の香り、小麦のやさしさとスパイスの風味が絡み合い、ビールがお料理に、お料理がビールにそれぞれ新鮮な印象をプラス。やさしいあたたかさが、雪をとかすように心地よく染み入ります。

柚子香る「大根の炊いたん」、ほかにはこんなビールも

ヒューガルデン・ホワイト

オレンジやレモンなどの柑橘アロマ、コリアンダーのスパイシーな香りが爽やかにわきたつヒューガルデン・ホワイト。フルーティーな味わいがお料理に華を添えます。

伊勢角屋麦酒 ヒメホワイト

オレンジピールの代わりにゆずピールを副原料に用い、地元伊勢で採取した酵母で醸した、伊勢角屋麦酒のヒメホワイト。和のやさしい味わいが大根の甘みに寄り添います。