美味いウイスキー造りには猫の手も借りたい?ウイスキーキャットについて
- NOMOOO powered by éditeur -

美味いウイスキー造りには猫の手も借りたい?ウイスキーキャットについて

お酒好きのみなさんこんにちは。

美味しいウイスキーをつくるためには蒸留所の管理が欠かせませんが、その際に猫の手を借りていたという話は知っていますか?今回は、美味しいウイスキーに欠かせない猫、ウイスキーキャットについて紹介していきたいと思います!

目次

お酒と猫?ウイスキーキャットってなに?なんで蒸留所に猫が必要なの?ネズミ捕りは世界一!?有名なウイスキーキャットウイスキーキャットの大スター、タウザーがいたグレンタレット蒸留所とはグレンタレットの商品紹介海を超えて受け継がれるウイスキーキャットの意思

お酒と猫?ウイスキーキャットってなに?

ウイスキーキャットは、ウイスキーの蒸留所で飼われていた猫のことです。その存在は非常に大切にされており、ウイスキーキャットの中には蒸留所のスタッフ台帳に登録された猫もいました。

なんで蒸留所に猫が必要なの?

ネズミ捕りに必要な猫の手!?

ウイスキーの原料となる大麦を求めて、蒸留所にはたくさんのネズミが住み着いています。そのネズミを退治するために、猫の力を借りたのです。
猫をわざわざ連れてきた蒸留所もあれば、勝手に住み着いてしまった猫もいたそう。いずれにしろ、猫のおかげで蒸留所の平和は守られたのですね。

現在のウイスキーキャットのお仕事

現在は衛生面の問題などから、ウイスキーキャットは減ってきています。また、たとえ蒸留所で飼われていても、主な仕事はネズミ捕りではなく蒸留所のマスコットとしての活動になっているとか。ウイスキーキャットの役割も時代とともに変わっているのです。

ネズミ捕りは世界一!?有名なウイスキーキャット

最も有名なウイスキーキャットといえば、グレンタレット蒸留所のメス猫、タウザーです。タウザーは生涯で28899匹ものネズミを捕まえ、蒸留所の平和を守りました。この記録は、ギネスにも登録されており、すごい数であることがわかります。まさにタウザーは、ウイスキーキャット界の大スターとなったのです。タウザーは1987年に亡くなりましたが、訃報は全英のテレビや新聞でも大きく報道され、多くの人が悲しんだそうです。

ウイスキーキャットの大スター、タウザーがいたグレンタレット蒸留所とは

出典:amazon:グレンタレット ピーテッドエディション

グレンタレット蒸留所は、南ハイランドに位置しています。この蒸留所はスコットランド最古であることを主張しており、歴史的にも価値が高い蒸留所です。ちなみに、その蒸留所の中に、しっかりとタウザーの銅像が建っています。タウザーは蒸留所からも愛されているのですね。

グレンタレットの商品紹介

グレンタレット 10年

柑橘類のようなフルーティーな香りが特徴です。また、口に含むと、スモーキーさとハチミツを思わせる甘い味わいを感じることができます。

出典:グレンタレット 10年 700ml [並行輸入品]

グレンタレット 10年 700ml [並行輸入品]の購入はこちら

グレンタレット トリプルウッド 40度 700ml

アメリカン・シェリー・オーク樽、ヨーロピアン・シェリー・オーク樽、アメリカン・バーボン・オーク樽という3つの樽を組み合わせて熟成されている、贅沢なウイスキーです。

出典:グレンタレット トリプルウッド 40度 700ml [並行輸入品]

グレンタレット トリプルウッド 40度 700ml [並行輸入品]の購入はこちら

海を超えて受け継がれるウイスキーキャットの意思

衛生上の問題から、現在ではスコットランドであまり見かけなくなってしまったウイスキーキャット。しかし、その心は海を渡ったアメリカに、しっかりと受け継がれています。

醸造所を守った4匹の猫

アメリカ・シカゴは全米一の「ネズミ都市」と言われるほどネズミが多く、シカゴの醸造所「エンピリカル・ブリューイング」でもネズミが大量発生しました。この状況を打開してくれたのは、4匹の猫だったのです。彼らはもともと保健所におり、居場所がない猫たちだったのですが、醸造所に来ると大活躍。4匹の猫が醸造所に来てしばらくするとネズミは全く姿を現さなくなったそうです。

ウイスキーの蒸留所ではないのでウイスキーキャットではないですが、ウイスキーキャトの意思はしっかりと海を渡って受け継がれているのですね。

ウイスキーキャットは、美味しいウイスキーづくりには欠かせない存在だったのですね。しかも現在にもその心が受け継がれているなんて、ネズミ捕りの天才、タウザーも喜んでいることでしょう。
今夜はグレンタレットを飲みながら、ウイスキーキャットの大スター、タウザーの活躍している姿を想像してみてはいかがでしょうか。