IMGP3614
- NOMOOO powered by éditeur -

あけましておめでとうビール!「新年会で飲みたいビール」特集

新年、あけましておめでとうございます。
三が日も終わり、年末年始の狂騒も落ち着く頃ですが、まだまだ新年会のお誘いが引きを切らないという方もいることでしょう。

そこで今回は、新年会で飲みたい「新年にちなんだビール」を特集したいと思います。

目次

“醸造所から幸福を込めて”Bon Voeux(ボン・ヴー)新年を彩る“和”のビール「馨和 KAGUA」年賀状代わりの一本「賀正エール」

“醸造所から幸福を込めて”Bon Voeux(ボン・ヴー)


ベルギーはデュポン醸造所でつくられている「Bon Voeux(ボン・ヴー)」は、もともと「Nouvel an(ヌーヴェル・アン)」=“新年”という名前で年の初めにお得意先へ幸福を届けるビールとして1970年に誕生しました。

ラベルにある「AVEC LES Bons Voeux DE LA BRASSERIE DUPONT」という言葉は、“デュポン醸造所より幸福を込めて”という意味。


新しい年の幸運を祈願してみんなで開けたいボン・ヴーは、まるでシャンパンを思わせるしゃれたコルク栓。こういうのって、開栓するところから盛り上がりそうですよね。


グラスに注ぐと酵母のフルーティーさ、アルコールの甘い香りが漂います。甘み、酸味が炭酸の刺激とともにパチパチと弾けたあと、あとから渋さにも似た苦味が。とても芳醇でバランスのよいボン・ヴー、シャンパン代わりにいかがですか?

新年を彩る“和”のビール「馨和 KAGUA」


柚子や山椒など“和”の素材を使った和の香り漂うビール。「東京ブロンド」などの商品が人気のファー・イースト・ブルーイング社が、独自のレシピをベルギーのデ・グラール醸造所に委託して製造しています。

紅白のボトルが新年のおめでたい気分に華を添えますね。

華やかな香りが輝かしい新年にぴったり「Blanc」


ややにごった黄金色の液体からは、バナナ、桃、柑橘フルーツなどの甘くフルーティーな香りが。やさしい甘みに柚子のアロマと山椒のスパイシーな刺激がバランスよく溶け込んでいます。柚子のど飴のような甘く爽やかな清涼感。お酢の和え物や白身魚のお料理に相性がよさそうです。

バラのような香り豊かな逸品「Rouge」


フルーティーなBlancとは対象的に、バラのような芳醇な香りを放つRouge。モルトの香ばしさと旨み、余韻にはホップの苦味が残ります。その全体を山椒が穏やかに支配している印象。Blancに比べてボディが強めでアルコール感も感じられます。わさび醤油でいただく牛肉のたたきやブルーチーズと一緒に。

年賀状代わりの一本「賀正エール」


最後は、木内酒造 常陸野ネストビールから、「賀正エール」。冬季限定の「賀正エール」は、ラベルやネーミングからしてまさに“日本の正月”ですね。

いつもお世話になっている方へ、年賀状代わりのギフトとしても喜ばれそう(今年は酉年、ラベルはご覧のとおりフクロウです!)


コリアンダー、バニラビーンズなどのスパイスを用いたベルジャン・ストロング・エールスタイル。口に含むと、アルコールのアタックのあと、どこかお醤油にも似たモルトの香ばしさが。スパイスの爽やかな香味とともにあとからじっくり苦味がやってきます。
これはぜひ、お煮しめなどの和食と一緒に。牡蠣など貝類を使ったお料理にも合いそうです。

みなさま、今年も楽しいお酒を!
酔い1年をお過ごしくださいね。