pixta_15977921_S
- NOMOOO powered by éditeur -

お酒は好きだけど太りたくない方へ朗報!太りにくいお酒はこれだ!

「お酒は太りやすい」という言葉、よく聞くことがありませんか?本当はお酒が好きでもっと飲みたいけれど、太ると言われると気になって気持ちよく飲むことができない、と飲み会などでナーバスな気持ちになんてなりたくありませんよね。しかしお酒にもいろいろな種類があるんです!アルコールと体の関係を知れば、太るとだけ思っていたお酒ももっと気軽に飲むことが出来るかも?お酒は好きだけど太りたくないあなたに、太りにくいお酒をご紹介します。

目次

お酒のカロリーは気にしたほうがいい?危険なのはお酒のおつまみ!食欲を増進させるお酒太りにくいお酒とは太りにくいお酒とその飲み方

お酒のカロリーは気にしたほうがいい?

お酒に含まれているアルコールのカロリーは、エンプティカロリーといわれています。エンプティカロリーは体内に蓄積されることはなく、カロリー内に脂質などの栄養素が含まれていないことから「エンプティ(空っぽの)カロリー」と呼ばれています。
お酒をのむときにカロリーを気にしてしまいがちですが、お酒に含まれるアルコール由来のカロリーはカロリーオーバーの原因にはなっていないのです。

ではなぜお酒は太ると言われている?

アルコールを摂取すると、顔に赤身を帯びたり、体が火照ったりします。これはアルコールに含まれるカロリーが優先的に代謝されているためです。
私たちの身体は、アルコールのカロリー消費を優先させる為に他の糖質・脂質などの消費を後回しにしてしまい、どんどん遅らせてしまいます。それが体内に残ってしまい脂肪として蓄えられ、「太ってしまう」という結果を生んでしまうのです。

危険なのはお酒のおつまみ!

Buffalo style chicken wings served with cold beer on wooden background

アルコールが体内に残っている間は、飲む前・飲みながら・飲んだあとに食べた物のカロリーは消費されにくい状態。ここで危険なものがおつまみです。残念ながらアルコールというものはおつまみがとても合う飲み物。おなかがすいていなくてもついつい食べ過ぎてしまう…この時食べるものに気を付けずに高カロリーな脂っこいものばかり食べると、それがそのまま体内に蓄えられてしまうのです。

食欲を増進させるお酒

アルコールには、胃液の分泌量を増やして消化を促す作用があるので、食欲を増進させます。中でもビールなどに含まれる炭酸ガスや苦味成分ホップは、胃壁を強く刺激するので食欲増進効果が高いといわれています。また、アルコールは脳の緊張をほぐす作用もあり、アルコールを摂取すると気持ちが緩み、食欲が増してくることにも関係してきます。

太りにくいお酒とは

出典:pixbay

お酒には2種類あります。まず1つめが「醸造酒」です。酵母の発酵作用によって製造するもので、糖質(果実など)と穀物(大麦、米など)の2つが主な原料となります。ワインやビール、日本酒が醸造酒にあたります。醸造酒には大麦や米、ブドウなどの成分が残っているため、糖質(炭水化物)とタンパク質のエネルギーが存在します。

2つめは「蒸留酒」です。醸造したものをさらに蒸留し、熟成させて作られるものが蒸留酒です。ブランデーやラム、ウイスキー、ジンやをウォッカ、焼酎などが蒸留酒にあたります。この蒸留酒の大きな特徴は、アルコール分だけが濃縮されているので、原料に含まれる栄養素はほとんど残っておらず、さらに「糖質を含まない」という点です。糖質を摂りすぎると血糖値が上昇し、それを下げるためのインスリンがだされ、そのインスリンは脂肪を貯めやすくしてしまいます。

その点から、お酒を飲むならばワインやビール、日本酒などの醸造酒よりもウイスキーや焼酎などの蒸留酒のほうが太りにくいと言えます。

太りにくいお酒とその飲み方

1. 焼酎
蒸留酒である焼酎。ビールなどの醸造酒に含まれている糖質・たんぱく質などが含まれておらず、他のお酒に比べると太りにくいお酒と言えるでしょう。
とくに本格焼酎はロックや水割り、お湯割りなどで飲むことが多いので、割りものでカロリーを多くとってしまう心配がありません。
冷たいものを飲みすぎると体が冷えてしまうので、お湯割りで温まりながらゆっくり飲むことがおすすめです。

2. ウイスキー・ブランデー
焼酎と同様、糖質などが含まれていないため太りにくいと言われています。また、最近の研究報告では、ウイスキー・ブランデーは香りの効果力などで脂肪代謝を促すホルモンが増えるそうです。また、ウイスキー・ブランデーにあうおつまみとして「ナッツ類」がおすすめです。カロリーが高いと思われがちなナッツ類ですが、不飽和脂肪酸が含まれておりコレステロールを抑制し、肥満防止効果や美容効果もあると言われています。

3. ウォッカ・ジン・テキーラ・ラムなど
アルコールは度数が高いほどカロリーは高くなります。ウォッカや蒸留酒などのお酒は度数は高いですが、ビールのようにゴクゴク飲むものではありません。少量でも十分に酔えるお酒なので、オンザロックなどでゆっくりと味わってください。

お酒にも太る原因が多いお酒と、逆に太りにくいお酒があるんです。飲み方や量に気を付ければ、太ることを気にしないでお酒をのむことができますね。できるだけ蒸留酒を、できるだけ軽いおつまみを。自分の体と相談しあいながら、楽しくお酒を飲んでみてください。