pixta_24838406_S
- NOMOOO powered by éditeur -

インスタグラマー必見テク!Instagramで料理の写真を美味そうに撮る秘訣

最近はSNSに料理の写真を挙げる人が増えてきました。特にInstagram等では、自分で作った料理や美味しそうなランチの写真など、本当に素敵な料理の写真がたくさんあってついついチェックしてしまうもの…自分でも周りからいいね!されるような美味しそうな料理の写真が撮りたい!そんなインスタグラマーさん必見、料理の写真を美味しそうに撮る秘訣をご紹介します。

目次

明るい場所で撮る料に近寄って撮る角度に気を付けて撮るシズル感を出して撮る配置の場所を考えて撮る

明るい場所で撮る

暗いところで撮る写真と、明るいところで撮る写真、どちらが美味しそうかと聞かれたら、断然明るいところでの写真のほうが美味しそうに見えます。また、明るいところで写真を撮ることによって影が濃く映るため、料理全体に立体感が生まれます。さらにワンランク上の写真を撮るには、自然光を利用することをおすすめします。自然の光の下で撮影することによって、明るく自然な色合いが表現でき、美味しそうに写ります。お店や家で料理の写真を撮るときは、できるだけ窓際の席を選ぶと自然光を上手く利用できます。

ただ、料理の正面に光が当たる「順光」は、被写体全部に光がまんべんなく当たるので、のっぺりと平面的になってしまいます。理想は「半逆光」。料理の後ろ、もしくは横から光が当たると被写体に影ができ、さらに立体感が生まれ美味しそうに見せることが出来ますよ。

光の反射を利用する

明るいところで光を利用するときに応用してもらいたいテクニックが、光を反射させることです。光を反射させることによって、料理をさらに美味しそうに見せることができます。ただし光を全反射にしてしまうと立体感がなくなり、のっぺりと見えてしまうため注意が必要です。光の面積は全反射ではなく、全体の「3分の1」以下に抑えることがポイントです。

料に近寄って撮る

撮る写真の主役はなんといっても料理です。その料理をぐっとアップにして撮ってみましょう。近くによってと撮ることで写真に立体感が生まれ、迫力のある美味しそうな写真が撮れます。特に美味しそうに見せたい部分にピントを合わせ、背景をボケさせ、料理の質感を出してみましょう。

ここでのポイントは主役以外の他の料理や小物は写真を撮る前に片付けてしまうこと。写真の脇や背景などに余計なものが写ってしまっていると、折角主役にレンズが合っていても他のものを邪魔に感じてしまいがちです。
プレートの小鉢やフォークなどを添えて写真の見栄えを良くする以外は、机の上をシンプルにすることが大事です。

角度に気を付けて撮る

料理をおいしく撮るときに大事なことが角度。角度によりボリューム感が違うのは一目瞭然です。その角度はずばり、「斜め45度」
例えば全体的に真上から見た構図で写真を撮ってしまうと、立体感がなくただの説明的な写真になってしまいます。料理に立体感があるほうが美味しそうに見えますよね。

実際に自分で目にする角度、だいたいの45度で撮影をしてみましょう。普段と同じ目線で見ることができるため、、その風景が思い浮かびやすくなり、より美味しさが伝わりやすくなります。

シズル感を出して撮る

出来立てのお料理!ここでカメラを持つ?持たない?そこでどう出るかが重要なタイミングになってきます。例えばアツアツの鍋料理などを撮影するとき、湯気があっては上手く写真が撮れないことも。逆に冷めた葉物系料理だと、しょなしょなになってしまい美味しそうに見えないことも…

ここで大事なことが、「シズル感」を出すことです。英語の擬音語で、肉を焼く時のジュージューいう音のことをシズル(sizzle)と言います。そこから「臨場感のある様子」を表す言葉としてシズル感という言葉が使われています。
ステーキだったら一番美味しそうな瞬間はジュージューと肉汁が出ている瞬間。野菜はみずみずしいときが一番おいしく見えるので、霧吹きなどでみずみずしさをプラスするという手を使ってみましょう。クッキーのように乾燥したものはパサパサしていてシズル感が半減。バターや油でツヤを出してみてください。

臨場感を増す、箸上げ

応用編として、臨場感を出す方法にもトライしてみましょう。誰かが口に運ぼうとしている瞬間、箸やフォークなどで料理をすくい上げたものを撮る「箸上げ」という方法を使うと臨場感が増します。そこで背景をぼかすようになれればさらに良い写真になりますよ。

美味しそうな写真を撮るため、その料理の一番輝いている瞬間を逃さないようにしましょう。

配置の場所を考えて撮る

写真を撮るときに料理のお皿はどこに置いていますか?ここでのポイントは、料理を真ん中に寄せず、隅に置き写真に空間を入れることです。料理を端に寄せることで背景が出来上がり、写真に奥行きを作ることが出来ます。料理を隅に寄せぐっと近寄ることで量を多く見せることも。思いきって料理をフレームアウトさせて写真を撮り、印象的な写真にしてみましょう。

また、お皿の上の料理の配置も重要。ごちゃごちゃと不規則にのせられていてはあまり美味しそうには見えません。人の視線という物は自然と左から右へと流れるもの。料理の向きは、左奥から右手前へと傾けて並べてみてください。飾りの葉やフルーツなどで引き立ててみてもいいでしょう。

背景に小物をプラス

お皿や料理の配置が決まったら、背景に写る色をどうするかも考えてみましょう。料理写真を撮る場合、下地と一緒に料理を撮る撮影法も効果的です。料理の表情は、周りの「色」でガラリと変わります。華やかさをアップさせたり、料理の色味を引きだたせたり、下地の色にもこだわってみてください。

アプリの加工でも料理はおいしく見せることが出来ますが、ちょっとした工夫をするだけでまるでプロの写真のように仕上がることもあります。次ご自分のInstagramに料理の写真を挙げるときは、今回ご紹介した秘訣を使ってみてください。周りが「美味しそう!」と思ってくれるような写真を撮ってみてください。

AppStoreでのInstagramのアプリダウンロード

Google PlayでのInstagramのアプリダウンロード