pixta_24389261_M
- NOMOOO powered by éditeur -

ワインのデキャンタージュってどういう意味?その目的は?ワインのデキャンタのコツをお伝え

みなさん、ワインはお好きですか?ワインブームにより、どこでも誰でも手軽にワインが購入できる時代になりました。ところで、いつも飲んでいるそのワイン、もっとおいしくする方法があることを知っていますか?

ワインはデキャンタージュをすることにより、熟成がすすむと言われています。つまりは魅力を最大級に引き出すことができるということ。そこで今回はデキャンタージュの方法をまとめてみました!

目次

デキャンタージュの目的と方法デキャンタージュの仕方デキャンタージュに向いているワイン、向いていないワインデキャンタの選び方まとめ

デキャンタージュの目的と方法

デキャンタージュとは、ワイン瓶を抜栓した後、デキャンタと呼ばれる容器にワインを移し替えること。
目的は二つあり、

・空気に触れさせることで、ワイン本来の風味を取り戻す

長い熟成期間が必要な赤ワインは、抜栓してすぐに飲んでも美味しくはありません。
その理由は空気に触れることなく貯蔵されていたから。

とくに期間の短いものほど熟成が足りないため、酸味や渋みがきつく、香りが少ない。この状態を「ワインが閉じている」といいます。
それを、空気に触れさせて急速に熟成することにより、酸味や渋みが程よくまろやかになります。

いわゆる「ワインが開いている」状態になり、美味しく飲むことができるようになります。抜栓するだけでも空気に触れさせることができますが、デキャンタに移し替えるとより効率よく空気に触れさせることができるのです。

・ボトル内に見られる澱を取り除く

ワインには、澱(おり)という沈殿物が含まれていることがあり、これはタンニンや、ポリフェノール・酒石などが結晶化したものです。
特に、長期間熟成された赤ワインに多くみられ、白ワインにも酒石酸とカリウムが結晶化した澱が見られます。

ミネラル分を豊富に含む、上質なワインほどよくみられますが口当たりや外観上、取り除きたい。これも、デキャンタージュを行う一つの理由です。

デキャンタージュの仕方

では、どのようにデキャンタージュを行うと、より美味しくワインが飲めるのでしょうか。

①利き手にワインを持ち、反対の手にデキャンタを持ちます。
このとき、ワインを持っている手の脇を締めるようにしましょう。

②注ぐ体勢をとります。
このとき、手首を使って瓶の角度を変え、瓶を持った手の親指を立ててワインの支えにして、ワインボトルがデキャンタに触れないように注意。

③ワインをデキャンタに注ぎます。
デキャンタを斜めに傾け、デキャンタの5cm程度上から注いでいきます。泡立つほど勢いよく注いでしまうと、ワインの風味を壊してしまうので、注意。ワインの澱を取り除くため、ワインの最後の1cmほどは注がないようにしましょう。

解説動画

飲んでみて、まだ渋みや酸味を感じる場合は、ぐるぐるとデキャンタを回す「スワリング」という方法もあります。
覚えておくといいかもしれませんね。

デキャンタージュに向いているワイン、向いていないワイン

向いているワイン「ボルドータイプ」

渋味の強いボルドータイプは、デキャンタージュすることで魅力が広がるワイン。特に、貯蔵期間も短いフルボディー(重口)ほど渋味が強く、香りも荒々しさを感じます。
しかし、デキャンタージュをして熟成させるとマイルドになり、香りも良くなります。

向いていないワイン「ブルゴーニュタイプ」

ブルゴーニュタイプは酸味が強くいものがおおいのでmデキャンタージュする事で更に酸味が強くなってしまう可能性があります。ブルゴーニュタイプのなかでも、特に魅力が減ってしまうのがピノ・ノワール。香りも発散しやすいため、せっかくのアロマを感じられなくなってしまうこともあります。

デキャンタの選び方

せっかくデキャンタージュに挑戦するなら、デキャンタにもこだわりたいですよね。
そこで、おすすめのデキャンタをご紹介します。

若いワインに適したデキャンタ

香りが開き切っていないワインを熟成させるには、空気との接触面積がより広い形状がおすすめです。

出典:Libbey(リビー) ヴィーニャ デカンタ 1700cc No.96958S1A

Libbey(リビー) ヴィーニャ デカンタ 1700cc No.96958S1Aの購入はこちら

出典:Bormioli Rocco (ボルミオリ・ロッコ) プレミアム ≪ デキャンター ≫ 1.70450

Bormioli Rocco (ボルミオリ・ロッコ) プレミアム ≪ デキャンター ≫ 1.70450の購入はこちら

ヴィンテージワインに適したデキャンタ

ヴィンテージワインは長い貯蔵期間に飲み頃に熟成されているため、澱を取り除くのに適した細長い形状がお勧めです。

出典:ザルト カラフェNo.25

ザルト カラフェNo.25の購入はこちら

出典:ワインデカンタ (大)

ワインデカンタ (大)の購入はこちら

まとめ

ワインは生き物。飲みかたによって表情が変わる飲み物です。せっかく飲むなら、デキャンタージュをして最高の状態で味わいたいですね。