遊びでも本気でも…20代女性がオヤジに惹かれるポイント
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

遊びでも本気でも…20代女性がオヤジに惹かれるポイント

魅力的な20代女性は、男性からのオファーに事欠かないもの。アプローチしてくる男性たちを、「遊び」と「本気」に選り分ける審美眼も持っている。「そのうちのどちらにカテゴライズされてもOK」と思う40代男性も多いはずだが、20代女性たちは「遊びの男性」と「本気の男性」をどのような目線で選定しているのか? 美女に話を聞いた。

■今回のアドバイザー
Tさん 25歳 古本屋勤務

自らを「オジサマキラー」と称するTさんは、古本屋で働きつつサロンや雑誌のモデルも務める美女。デートは古本屋巡りや本についての語らいという知性派だ。

遊び相手に選びたいのは、女性を楽しませてくれる男性

Tさん「『遊び』の男性も『本気』の男性も、まずは『また会いたい』と思えないと始まりません。また会いたいと思う男性はやっぱり“共通点”が何かあるんです。好きなものが同じ、美味しいと思うものが同じ…やっぱりそこがないととっかかりが見つからないから。

そんな共通点が見つかったあとに『いいな~』と思うのは“初めて力”。行ったことのないレストランに連れていってくれたり、エスコートが洗練されていて女性をお姫様気分にしてくれたり…そんな2つのポイントを兼ね備えた男性とは『また会いたい!』って思っちゃいます。

正直、いい気分にしてくれる男性であれば既婚者でも私はアリ。過去に実際に既婚の男性とお付き合いしたことがありますが、寂しい時間を埋めてくれる心地よい存在でした。家庭のある人だったので、もちろん本気にはなりませんけどね。

そんな経験もしてきたから、『遊び』の男性は一緒にいて楽しいことだけがある人がいいかな。前も言ったんですけど、女性と『遊び』の関係を築きたいという方は、とにかくマメに女性を楽しませてあげるのがいいんじゃないでしょうか」

無趣味な40代男性には、「遊び」にも「本気」にもならない

Tさん「それから、『遊び』の場合も『本気』の場合も、40代の男性は無趣味じゃダメ。年上の男性から知らないことを色々教えてもらうのって、女性はとっても楽しいんですよ。色んなことに興味がある人って若々しくて素敵ですし、一緒にいて退屈しない博識さは40代男性には持っててほしいな。

そのうえで『本気』にさせてくれる男性は、女性を楽しませてくれるだけじゃなくて、自分自身も人生を楽しんでいるような人が多いですね。私の彼氏は52歳なんですけど、釣りやバイク、ウイスキーなんかが趣味で、デート中もいつもその話ばかり。趣味に忙しそうで、私が忙しくて会えないときもイキイキしてるから、ちょっと嫉妬しちゃうくらいです(笑)。

しかも、本気で楽しんでるからなんでしょうけど、最初は興味なくてもだんだん話を聞いていると惹き込まれちゃうんです。仕事のプレゼンとかもうまそう…なんて想像しちゃったりもします(笑)。

20代女性が40代男性に本気になることは全然あり得るんです。今の彼のことは私から好きになったし、彼よりも私の方が『好き』の気持ちが大きいと思いますね」

最後にアドバイザーからひと言

「女性を楽しませるのは『遊び』の男性、女性と一緒に楽しむのが『本気』の男性」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto