20代女性が恋人を選ぶ『決定打』は何なのか?
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

20代女性が恋人を選ぶ『決定打』は何なのか?

モテる20代女性たちは、恋愛経験豊富な上に出会いも多い。中には複数人の男性との関係を同時進行させている場合もある。そのなかから勝ち抜くにはどうすればいいのか。そこで、女性が複数の男性の中から「やっぱり貴方に決めた!」と感じる“決定打”について、20代美女に指南してもらおう。

■今回のアドバイザー
Yさん 27歳 テレアポアルバイト

Yさんは大きな瞳と可愛らしい笑顔が魅力の、モテる女子を体現したかのような美女。テレアポのバイトの傍ら、読者モデルやイベントガールとしても活躍している。お酒が大好きで、飲み会は週5がスタンダードなのだとか。

同時進行の付き合いでは「包容力」を比較されている

Yさん「私が2人の男性を比較するとしたら、ポイントは包容力かな。女性って、解決法のない悩みごとや愚痴を言うことが多いんですけど、そこの対応で器の大きさを感じる人を選びたいですね。『がんばってるね、えらいね』『今日はとことん話しちゃいなよ』みたいに、ひたすら話を聞いてくれること。そのうえ味方になってくれると嬉しい。アドバイスやお説教とかはいらないんで、とにかくたくさん話させてスッキリさせてほしいです。

ライバルに勝ちたい!と思うなら、絶対に『聞き上手』なタイプの方が有利。これはやっぱり年上の男性の方が、同年代の男の子たちよりうまい印象なんです。同年代の男の子って『俺はこう思うよ』とか、『でもさ~』って相槌打って、自分の話をし出す。もちろんそういうのがいいときもあるし、盛り上がるときもあるんだけど…『今日は愚痴りたい』とか本気で悩んでいるときにそれは絶対にNG。大事なときに女性の話をきちんと聞いてあげる男性が、最後には勝つものですよ!」

女性とのデートではいつでも先の手を考えよう

Yさん「彼氏募集中だったころ、2人の彼氏候補の男性の間で迷っていたことがありました。高校の同級生と、当時44歳のシャイな会社員、それぞれと食事にいった結果、44歳の男性の方を選んだんです。

どちらの男性とも趣味もあって、一緒にいて楽しかったんですけど…44歳の男性を選んだのは、『先を読む能力』があって、結果的にすごい包容力を感じたんです」

派手なサプライズよりも、さりげないリードにキュンとする

Yさん「お付き合いが始まってから温泉旅行に連れていってくれたんですけど、これは私が付き合う前の食事で『肩こりと目の疲れがヒドイ』って相談を覚えていたからなんですって。

きっと、同級生の彼だったら『次回のデートはどこ行きたい?温泉?じゃあ一緒に決めよう』だったと思うんですけど、44歳の彼は『ここの温泉は肩こりにいいみたいだから、次のデートでいかない?』ってリードしてくれる。何気なくした会話を覚えていてくれて、次のデートに活かしてくれるのって、女性はすごく嬉しい。特別なサプライズよりも、日常的に気遣いや会話を大切にしてくれる男性の方にキュンとします」

最後にアドバイザーからひと言

「競争を勝ち上がる決め手は、女性の会話を受け止める器の大きさ」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto