ジャガーXKSS画像01
- 大人のための最新自動車事情 -

復刻されたマックイーンの愛車、ジャガー『XKSS』

英国の名門ジャガーは、ポルシェやフェラーリなどと同様に、レース活動を通じて名声を高め、その地位を確立した高級車メーカーだ。特にジャガーの活躍が目覚ましかったのは、1950年代から1960年代。ロングノーズ・ショートデッキのFRスポーツカーらしいプロポーションを持つ『Eタイプ』も、この時代に登場した名車である。なかでも、当時わずかな台数しか生産されず、“幻のスポーツカー”と呼ばれたのが『XKSS』だ。2016年11月、ジャガーはこの『XKSS』を再び生産することを発表。幻のスポーツカーが新車で甦ることとなった。

わずか16台だけが生産されたジャガー『Dタイプ』のロードゴーイングモデル『XKSS』

今から約半世紀前の1957年、ジャガーはル・マン24時間レースに出場し、独特のスタビライジングテールフィンをもつ『Dタイプ』で表彰台、さらに4位、6位を独占するという輝かしい結果を残した。『Dタイプ』は、名実ともに、史上もっとも美しいレーシングカーの1台となったのである。現代のほとんどのレーシングカーが採用するモノコック構造を、モータースポーツで初めて本格的に使用したのも『Dタイプ』だ。

この『Dタイプ』には、ロードゴーイングモデルの生産計画があった。それが『XKSS』と呼ばれるモデルだ。しかし、不運なことに、ジャガーのブラウンズ・レーン工場のサービスエリアで1957年2月に火災が発生し、生産ラインが焼失。その損害額は、当時としては巨額の300万ポンドに上ったとされる。

そして、焼失した生産ラインには、16台だけが完成していた『XKSS』の北米輸出向けモデル9台も含まれていたという。こうして、『XKSS』はわずか16台のみが作られた“幻のスポーツカー”となってしまったのだ。ちなみに、1971年に公開された『栄光のル・マン』を自ら制作し、主演をつとめるほどのレース好きだったスティーブ・マックイーンは、1955年に『XKSS』を手に入れており、ドライビングする写真も残っている。

それから60年が過ぎた2016年初秋、ジャガーが発表したのが、失われた9台の『XKSS』を再び生産するというプロジェクトである。

生産台数わずか9台、内外装からエンジン、癖までジャガーのヘリテージ部門が再現

なぜジャガーが1950年代のスポーツカーを復刻するのかというと、そこには欧州の高級車メーカーにおけるヘリテージブームがある。実際、2000年代後半以降、フェラーリ、BMW、ポルシェ、ランボルギーニが相次いでヒストリックカーを完璧にレストアするヘリテージ部門を設立。今回、ジャガーで『XKSS』の復刻生産を担当するのも、同様の部門である「ジャガークラシック」だ。

『XKSS』は、この英国のレストア職人たちによって、オリジナルを正確にスキャンし、シャシー、ボディ、エンジン、塗料はもちろん、ボルト1本にいたるまで忠実に再現される。当時から手作りに近い生産だったため、ボディの細部が筐体によって異なり、現存するどのモデルをオリジナルとするか、作業はそんな難題から始まったという。

そして、2016年11月、ジャガーはLAオートショーで復刻した『XKSS』を公開。モノコックフレームのシャシー、流麗なボディデザイン、排気量3400ccの直列6気筒エンジン、ウッドパネルとレザーの内装…と、再現された『XKSS』は1950年代当時とまったく変わらないように見える。
事実、ジャガークラッシックの職人たちは、シフトチェンジをしづらい癖まで再現するなど、オリジナルの追求に余念がなかったそうだ。おそらく、日本の自動車メーカーなら、そこは現代の技術で改善してしまったに違いない。

もう一度記すが、復刻される『XKSS』の生産台数はわずか9台。価格は1万英ポンド、日本円でおよそ1億4300万円だが、プレミアがつくので間違いなく、現実的にはそれ以上になるだろう。英国の名門メーカーが手がけた、純然たる、本物中の本物のレーシングスポーツカー。実車を見ることもむずかしいだけに、興味がある人は下のリンクのオフィシャル動画で『XKSS』が走る姿とエンジン音を堪能してほしい。

Text by Katsutoshi Miyamoto