ポルシェ画像01
- スーパーカーブランド【ポルシェ】 -

変わらぬ人気の秘密とは? ポルシェが売れる理由

ポルシェが2016年1〜9月期の中間決算で、売上高164億7000万ユーロ(約1兆8945円)、営業利益は29億ユーロで前年同月比12%増と、2桁の増益を達成した。ポルシェは2015年にも世界新車販売台数が22万5121台と過去最高を記録している。なぜポルシェはこれほど人気があるのか? 業績好調の理由はSUVの『カイエン』や『マカン』にあるといわれるが、けっしてそれだけではない。人気の秘密は、ポルシェの「変わらない本質」にこそあるのだ。

増収増益の立役者はラグジュアリーSUV『カイエン』とコンパクトSUV『マカン』

スーパーカー世代の50代には、少年時代に漫画『サーキットの狼』を読み、主人公・風吹裕矢のライバル、早瀬佐近が乗っていた『911カレラRS』や930型の『911ターボ』でポルシェを知った人が多いことだろう。もう少し下の世代の40代なら、山口百恵のヒット曲『プレイバックPart2』の冒頭に出てくる、「緑の中を走り抜けてく真紅なポルシェ」という有名なフレーズがポルシェとの出会いかもしれない。

世界最高のスポーツカーといわれるポルシェ『911』シリーズの初代モデルが発表されたのは、少年ジャンプで『サーキットの狼』の連載が始まる10年以上前、1963年のことだった。1970年代以降になると、ポルシェはル・マン24時間レースなどで華々しい成績を残し、スティーブ・マックイーンが『917』を駆ってフェラーリと死闘を繰り広げる映画『栄光のル・マン』もヒットした。

しかし、スポーツカーを代表するブランドとなったポルシェも、ずっと順風満帆な経営状態だったわけではない。1990年代前半には、ポルシェにとって最大のマーケットだった北米での販売不振から業績が悪化し、経営難に陥った。

傾いた経営を立て直すことができた理由のひとつは、1996年に投入したエントリーモデルの『ボクスター』が売れたこと。だが、その後のポルシェの業績を飛躍的に向上させた本当の立役者は、ボクスターではなかった。

「それは2002年に発表されたポルシェ初のSUV『カイエン』です。ポルシェの業績が好調なのは、やはりSUVモデルのヒットが一番の要因でしょう」。そう話すのはポルシェ専門誌『911DAYS』の日比野学編集長である。

「2014年には、カイエンよりもコンパクトなSUV『マカン』が登場しました。カイエンはどちらかといえばラグジュアリーなモデルで、マカンはスポーティ指向。多様なニーズに応えられるモデル展開をしたことで、ポルシェのSUVモデルのなかでユーザーの棲み分けが可能となり、さらに販売台数を伸ばしたと考えられます」

フラグシップモデルの911シリーズが象徴するように、ポルシェというのはある意味マニアックで、趣味的なクルマだ。そのため、カイエンが登場した当初は、ファンの間から「ポルシェがSUVなんて…」という声も上がった。しかし、ファミリーユースが可能で、女性にとっても敷居が低いモデルを市場に投入したことにより、ポルシェはさらに大きな成功を収めることができたのである。

下の写真は3.6L V6ツインターボを搭載する『カイエンS』(北米仕様)。

休日は『911』、普段使いは『カイエン』…複数モデルを所有するポルシェオーナー

ただし、SUVモデルが売れているといっても、911シリーズのユーザーが減っているわけではない。

「911は、毎年一定の台数が売れています。ポルシェのオーナーには、一度乗ったらその後もずっと乗り続け、新しいモデルが出るたびに買い換えるという人が多い。そのため堅調な販売台数が維持できるのです」

日比野編集長によれば、取材で接する911のオーナーにはポルシェを何台も所有する人が多いという。普段使いにはカイエンやマカン、そして4ドアサルーンの『パナメーラ』に乗り、911は休日のドライブなどで趣味的に愉しむのである。

SUVにセダン、入門モデルのロードスター…と、単純にポルシェのラインナップが増えたことで、その分販売台数が増えたとも考えられるが、ポルシェ乗りには、ほかのスーパーカーのオーナーとはまた違うメンタリティの持ち主が多い傾向もある。

「ポルシェのオーナーには真面目な人が多いという印象があります。私が取材でお会いしたオーナーには、『ビジネスで一発当ててスーパーカーを買った』という人はひとりもいません。医師であったり中小企業の社長であったりと、堅実に生きてきた人たちが911を大切に所有し続けている。911オーナーは浮気をしないのです」

メイン写真の赤い911は『911カレラ』、下は2016年1月の北米モーターショーで発表された改良型の『911ターボS』である(いずれも北米仕様)。

『911』のオーナーの大半が40代以上、大人の男たちがポルシェに憧れる理由とは?

ポルシェを象徴する911も初代モデルの登場から半世紀以上が経過し、エンジンは空冷から水冷となり、トランスミッションも2ペダルMTのPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)が主流となった。当然、デザインも変化している。

それでも、世のクルマ好きが「一度は乗ってみたい」と911に、そしてポルシェそのものに憧れを抱き続けるのはなぜか。日比野編集長は、その理由を「変わらないストイックな魅力」だと語る。

「たしかに、現代のポルシェは黎明期に比べるとはるかに限界性能が向上し、電子制御技術などにより格段に乗りやすくなっています。しかし、911は1963年のデビュー当時から一貫してRR(リアエンジン・リアドライブ)のレイアウトを採用し、本当の限界域での運動特性は昔も今も変わっていません。そのオンリーワンの乗り味こそ、911の魅力の本質でしょう」

フェラーリやランボルギーニはアート作品のようにも捉えられるが、ポルシェの根底にあるのは高いエンジニアリング。そこにはイタリアのスーパーカーのような派手さはないが、ファンを惹きつけてやまない揺るぎない魅力がある。

「ポルシェが持つ特別な価値やアイデンティティは、911が生み出してきたものです。現在ではラインナップも増え、かつてマニアックな存在でもあったポルシェもメジャーなスーパーカーメーカーになりました。しかし、911のストイックな魅力は変わっていません。その変わらない本質があるからこそ、ポルシェは『ポルシェの価値』を維持し続けることができるのです」

ちなみに、911のオーナーは、その大半が40代以上の大人の男性だという。スーパーカーブームを経験し、ポルシェがル・マンやサファリラリーで活躍する姿を見て胸を昂ぶらせた少年たちが、大人となってようやく憧れのクルマを手にしたのである。

Text by Tetsuya Abe