ブガッティ シロン画像01
- 大人のための最新自動車事情 -

ヴェイロンの後継モデル、ブガッティ『シロン』見参

2016年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたブガッティの最新モデルが日本上陸を果たした。ブガッティ・ジャパンは、生産終了した『ヴェイロン』の後継モデルとなる『シロン』を日本初公開。これまでブガッティ最速モデルだった『ヴェイロン グランスポーツ』の1200psを大幅に超える1500psという途轍もないパワーを発生し、0-100km/hを2.5秒に満たない時間で加速する超弩級のスーパーカーが、いよいよ日本の街中を走るのだ。

2015年に生産を終了した1000ps超のスーパーカー『ヴェイロン』の後継モデル『シロン』

先代モデルの『ヴェイロン』については、おそらくクルマ好きの大人の多くが知っていることだろう。2005年の東京モーターショーで市販型が発表されたヴェイロンは、1001psという最高出力、400km/h超という最高速度、そして1億6300万円(当時)という価格など、すべてにおいて桁外れな「超」がつくスーパーカーとして世界中を驚かせた。

しかも、およそ10年間にわたって生産されながら、世界各国のオーナーが手にすることができたのは、クーペ、オープンモデルを含めてわずか450台。単純計算すると、年間45台しか作られなかったことになる。450台目となった最終モデルは『グランスポーツ ヴィテッセ ラ・フィナーレ』と名付けられ、2015年のジュネーブモーターショーで公開された。一説には中東の上顧客がオーダーした1台だったといわれている。

それからちょうど1年後の2016年3月。やはりジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたのが、ヴェイロンの後継モデルとなる『シロン』である。

最高出力1500ps、最高速度420km/h、ヴェイロンを超えるスペックを持つ『シロン』

常識を超えるスペックを持っていたヴェイロンに続くモデルだけに、シロンもまた途方もない性能を持つスーパーカーだ。

搭載されるエンジンは、8.0L W型16気筒クアッドターボ。しかし、エンジン型式こそヴェイロンと同じだが、最高出力はヴェイロン グランスポーツが1200psだったのに対し、シロンは1500psにまで高められている。1500psを発生する市販車は、シロンが世界で初めてだという。最大トルクは1600Nm(163.2kgm)。このあり余るパワーを路面に伝えるために、駆動方式は四輪駆動が採用され、トランスミッションは7速のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)だ。

さらに、パワーアップによる車両の重量増を極力抑えるために、随所にチタンやカーボンファイバーなどの軽量素材が用いられているという。これらにより、0-100km/h加速は2.5秒以下、最高速度はじつに420km/h(リミッター作動)に達するというから、まさに史上最強のスーパースポーツといっていいだろう。

価格約3億円、生産台数500台…すでに3分の1が上顧客によってプレオーダー済み

一新されたデザインも、ヴェイロンをより進化かつ深化させたものとなっている。もっとも印象的なのは、サイドウィンドウからドアをぐるりと囲むように描かれた「C」のライン。

Cバーとも呼ばれるこの曲線は、ブガッティの創業者、エットーレ・ブガッティのサインをモチーフに生まれたもので、ご覧の通り、インテリアにも採り入れられている。また、ルーフ中央を走るラインは、戦前に作られたブガッティの美しいクーペ『T57アトランティック』から着想を得たものだ。
シロンの生産台数は、ヴェイロンよりも50台多い500台。しかし、日本円にしておよそ3億円もする超高価なクルマにもかかわらず、日本にお披露目された2016年11月10日時点で、すでに予定生産台数の3分の1にプレオーダーが入っていたという。

ブガッティによって選ばれた顧客のなかに日本人がいるのかどうかはわからないが、もしかすると、近い将来、日本のどこかでこの超弩級のスーパーカーを目にする日がくるかもしれない。

Text by Muneyoshi Kitani