バーニーズ ニューヨーク銀座本店
- 噂の美人店員が選ぶ「これが私のマイフェイバリット」 -

バーニーズ ニューヨーク銀座本店 太田絵理子さん「スタイルを感じるのはVゾーンです」

11月に3F部分が増床リニューアルオープンしたバーニーズ ニューヨーク銀座本店で、紳士服を担当する太田絵理子さん(30)は、紳士服の世界に入って7年目になるという美しきベテラン。彼女が思い描く理想的な40男の着こなしは「ス—ツにスタイルがある人」。そしてそれを生み出すのが、“盛る”Vゾーンだといいます。

大人のこだわりはVゾーンから

太田さんが接客で覚えている男性、すなわち素敵な40男は、数あるアイテムの中で自身に似合うものを知っている人。「自らのスタイルは、失敗と成功の積み重ねからしか生まれません。その経験豊富な印象に、男性としての魅力と深みを感じます。」と太田さん。なかでも特に見てしまうのが、Vゾーン(シャツとタイの合わせ)なのだそうで。

Vゾーンを華やかに“盛る”ことでスーツは差別化が可能です

スーツはルールがある分、そもそもが差別化のしづらいアイテム。ですが、唯一アレンジを許された箇所というのがあって、それがシャツやタイのコーディネート。そのVゾーンを”盛る”、すなわちシャツの柄にタイの柄を掛け合わせたり、セオリーにはない色合わせをすることでVゾーンは華やかに彩られ、スーツスタイルはお洒落に差別化されるのです。
華やかな Vゾーンとして今季のバーニーズ ニューヨークおすすめのスタイルが、寒色と暖色を色あわせしたコーディネート。例えば、寒色のブルーのシャツにはブルー系のネクタイがセオリーですが、あえて暖色のパープルを合わせることで、エレガントでインパクトのあるパワーVゾーンが完成します。「スーツにどのシャツ&タイが合うか、ではなく、華やかなシャツ&タイを主役にすれば、スーツは単なる仕事着ではなくモテるスーツになります」。
コート19万9000円、ベルト1万6000円、ソックス1600円、靴5万5000円、/すべてバーニーズ ニューヨーク、スーツ18万円/ラトッレ、シャツ2万9000円/バルバ、タイ1万9000円/ペンローズ、ストール2万2000円/シーワード&スターン/すべてバーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

革小物は黒でまとめるとVゾーンが際立ちます

寒色と暖色の合わせによって華やかさをプラスしたVゾーンを活かすには、靴や小物はあくまでもシックに、が基本。スマイソンのブリーフならば、色ではなくぽってりとした美麗なフォルムによって小物での差別化も可能です。こちらは多数のポケットや広いマチによって実用面でも人気のひと品。
33万4000円/スマイソン(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

行きたいのは銀座の老舗BAR

「まだ行ったことがないんです」という理由で、太田さんが40男に連れて行ってもらいたいのが、重厚なカウンターがあるようなクラシックなBAR。「男性の世界だと思うのでひとりでは行けず、大人の男性にいつか連れて行ってもらいたいですね」。“盛る”Vゾーンでスーツに遊びを取り入れれば、正統なデートも素敵なギャップとなってくれますよ。

Text & Editorial by Kohei Ichimura
Photographs by Chicken Shinoyama