メガーヌR.S.トロフィーS画像01
- スーパーカーブランド【ルノー】 -

最終にして最強のメガーヌR.S.『273トロフィーS』

ルノー『メガーヌ』のハイパフォーマンスモデル「R.S.(ルノースポール)」に、『273トロフィーS』という名の限定モデルが登場した。これまでもメガーヌR.S.には数々の限定車が設定されてきたが、そのなかでも、今回はもっとも特別なモデルだ。その理由は、これが現行型メガーヌR.S.として最後のモデルであること。ルノースポールは、すでに3代目メガーヌをベースとしたR.S.の生産を終了したことを発表している。『273トロフィーS』の日本導入台数はわずか50台。メガーヌR.S.を新車で手にできる最後のチャンスなのである。

ニュルブルクリンクの「FF車最速」トロフィーRと同スペックの『273トロフィーS』

『メガーヌ R.S.』は、ルノーの中核モデル『メガーヌ』にルノースポールが手を加えたハイパフォーマンスモデルだ。現行のR.S.が日本に上陸したのは2011年。250psを発生する2.0L 4気筒ターボエンジンに6速MT、本国では2種類あるタイプのうち、よりスポーティなセッティングを施した「カップシャシー」と呼ばれる足回りが組み合わされた硬派な“走りのモデル”としてデビューした。

それから5年の間には、2014年5月にニュルブルクリンク北コースで「FF車最速」となる7分54秒36のタイムを記録した『メガーヌ R.S. トロフィーR』など、数多くのスペシャルモデルが登場し、ルノーファン、そして国産車、輸入車を問わず、他メーカーのクルマに乗るスポーツカーファンからも注目されて高い評価を得てきた。

今回登場した『273トロフィーS』は、ニュルブルクリンク北コースで当時の「FF車最速」を記録したR.S.トロフィーRと同じスペックのエンジンを持つモデル。車名にある「273」から想像されるように、最高出力273ps(201kW)を発生する。出力自体は265ps(195kW)と、レギュラーモデルのR.S.から8psしか向上していないが、トルク特性をチューニングしたために額面以上のパフォーマンスアップを感じられる。

組み合わされるトランスミッションは、もちろん6速MT。そして、この273トロフィーSは、 ニュルブルクリンクでタイムアタックを行ったR.S.トロフィーRが左ハンドルだったことから、左ハンドル仕様で販売される。名実ともに、最速伝説を受け継ぐ“最強”のR.S.なのである。

『273トロフィーS』はアクラポヴィッチ製チタンマフラーや調整式ダンパーを専用装備

ただし、273トロフィーSは、単純に出力をアップした左ハンドル仕様モデルではない。

足回りにはオーリンズ製の調整式ダンパーが装備され、19インチのホイールもスピードライン製に換装。カーボンエンド付きアクラポヴィッチ製チタンマフラーが、快音を轟かせる。フロントバンパーの「TROPHY」ロゴ入りF1タイプエアインテークブレードや、派手なサイドデカールも専用装備だ。
インテリアには、レザー&アルカンターラのコンビタイプとなるレカロシートに、アルカンターラ仕上げとなるステアリングホイールやサイドブレーキハンドルを装備。バケット形状のシートが身体をしっかりホールドし、滑りにくいステアリングホイールが正確なステアリング操作を実現する。

ボディカラーは、「ノワール エトワール(ブラック)」「ブラン ナクレ(ホワイト)」「ジョン シリウス(イエロー)」の3色のラインナップで、限定台数は全50台。なお、273トロフィーSと同時に、『R.S.273』というモデルも登場している(下の写真のジョン シリウスカラーモデル)。こちらは、エンジンこそ同じ273ps仕様が搭載されるものの、右ハンドルとなり、オーリンズ製ダンパーやアクラポビッチマフラーが装備されない点が異なる。

3ドアクーペスタイルのメガーヌR.S.は『273トロフィーS』が最後のモデルとなる!?

ルノースポールは、2016年9月に現行メガーヌR.S.の生産を終了したことを発表した。すでに本国フランスではベースとなるメガーヌが4代目へと代替わりしているため、生産終了はやむを得ないところだろう。このスタイリングとスペックを持つメガーヌR.S.を新車で手に入れたければ、今が最後のチャンスとなる。

4代目メガーヌにもR.S.モデルが設定されるようだが、ニューモデルのメガーヌは5ドアボディのみ。もしかすると、『ルーテシアR.S.』がそうであるように、メガーヌR.S.からも3ペダルMTがなくなってしまうかもしれない。

そう考えると、3ドアクーペスタイルの現行R.S.が、がぜん魅力的に思えてくるのだ。最終型は、熟成が進んだ最良のモデルでもある。価格は『R.S. 273トロフィーS』が456万円、『R.S.273』が399万円(ともに消費税込み)。273トロフィーSが「最終にして最強のメガーヌR.S.」であることは間違いない。

Text by Muneyoshi Kitani