M760Li xDrive画像01
- 大人のための最新自動車事情 -

BMW 7シリーズの頂きを極めた1台『M760Li xDrive』

BMWに誕生した新モデル「M Performance Automobiles(Mパフォーマンス オートモビル)」は、BMW のハイパフォーマンスモデルである「Mモデル」と、各グレードのトップエンドの中間に位置づけられる。簡単にいえば、Mパフォーマンス オートモビルとは、「最上位グレード以上、Mモデル未満」のクルマのことだ。パワートレイン及びシャシーには、「BMW M社」の高い技術に基づいたスポーティなチューニングを施し、インテリアとエクステリアには、エモーショナルな専用デザインを採用している。このMパフォーマンス オートモビルからラインナップされたのがBMW『M760Li xDrive』だ。

6.6L V12エンジンを搭載して610馬力を発生する『7シリーズ』の最上位モデル

『M760Li xDrive』は事実上、BMW『7シリーズ』の最上位モデルとして位置づけられている。

特徴は、『7シリーズ』で最大の排気量となる6.6L V12ターボエンジンだ。1500〜5000rpmの回転域で最大トルク800Nmを発揮する驚異のトルク。そして、5250〜6000rpmの回転域では448kW(610ps)という出力を実現。このパワーを余すこと無く路面に伝えるのが、車名にも組み込まれたインテリジェント4輪駆動システム「xDrive」だ。この組み合わせによって、セダンにもかかわらず、0-100kmの加速をスーパースポーツに優るとも劣らないわずか3.7秒で達成する。

「xDrive」は、操作性の高さにもひと役買っている。ステアリングの切れ角やホイールの回転速度などの車両データから、オーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知すると、瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを可変配分し、優れた走行安定性を担保してくれる。

究極のエレガンスを表現するエクステリアを持つ『M760Li xDrive V12 Excellence』

エクステリアはグレードによって少々異なる。究極のダイナミズムを強調するのは、Mエアロダイナミクスパッケージを纏う『M760Li xDrive』だ。

伝統のキドニーグリルは、ボディカラーに合わせた専用デザインを採用。バー前面とグリルのフレームはセリウムグレー、側面はハイグロスブラックで仕上げられている。また、セリウムグレーのアクセントカラーを配色したフロントエプロンには、大型のエアインテークを装備。20インチホイールやデュアルエキゾーストテールパイプも、同色でまとめられている。

もうひとつのグレードである『M760Li xDrive V12 Excellence』は、究極のエレガンスを表現した。20インチホイール、フロント・バンパーに追加されるクロームインサート、左右のエキゾーストテールパイプを取り囲むクロームインサートによって構成される「デザイン・ピュア・エクセレンス・エクステリア」を装着した。リヤおよびCピラーには、クロームのV12モデル・バッジとxDrive バッジが施される。

BMW M社によるハイパフォーマンスエンジンと『7シリーズ』の最先端技術が融合

ベースは第6 世代目となる現行の『7シリーズ』なので、量産車初の革新的機能は健在だ。

カーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)を採用したボディ構造「カーボン・コア」や、LED ヘッドライトと比較して2倍の照射距離を実現したヘッドライト「BMW レーザー・ライト」、ドライバーの手の動きを認識して車載コントロールシステムの操作が可能な「ジェスチャー・コントロール」、車外から遠隔操作で駐車することができる「リモート・パーキング」など、現時点で最先端の技術が投入されている。

BMWの頂きである『7シリーズ』。そのなかでも、頂点に君臨する『M760Li xDrive』は、「BMW M社」が培ったパフォーマンスカー開発のノウハウと、約40年間に渡り最高のラグジュアリーを追求した『7シリーズ』の歴史がまみえた、至高の1台といっても過言ではないだろう。

Text by Tsukasa Sasabayashi