Aloe Vera leaf sliced on wood spoon and old wood background
- 40代のアク抜きダイエットテク -

育毛促進、高血圧予防に! 40男がアロエを摂るべき理由

昔から薬品や化粧品として利用されてきたアロエ。アロエ属の植物は500種以上存在すると言われているが、中でも熱帯・亜熱帯地域で栽培される「アロエベラ」には、美容や健康に有用な成分が豊富に含まれているという。アロエベラは整腸作用・高血圧予防・糖尿病予防、さらには白髪予防や育毛促進にも効果的で、まさに40男にうってつけの植物と言えそうだ。アロエベラの具体的な効果や摂り入れ方について専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー
医学博士 認知症専門医 
日本アンチエイジング医学会会員
安宅鈴香さん

大阪市立大学医学部神経内科の非常勤講師として教鞭をもつだけでなく、プラセンタや漢方、サプリメント、カウンセリングなどを用いたアンチエイジング外来も行っている。西洋医療と補完代替医療を合わせた統合医療を実践中。病気になってからの治療の難しさを日々実感しており、予防医療として毎日の食事、栄養療法に焦点をあてる。最近ではスーパーフード、アロエベラの科学的な側面に注目し『女医が教える、人生がきらめくアロエベラの秘密』を出版。

育毛や健康促進にも◎ アロエベラに含まれる“多糖体”が40男の悩みを改善

存在自体はよく知られているアロエベラ。安宅さんによれば、大人の男性に役立つ成分が豊富に含まれているという。

安宅さん「アロエベラには、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類、酵素類など、私たちの体にとって必要な栄養素だけでなく、他の食品からは摂取することが難しいアロエ特有の成分まで、実に200種類に及ぶ成分が含まれています。中でも注目したいのが、アロエベラに含まれる“多糖体”。この成分は大腸内で腸内細菌の栄養となって善玉菌の増殖を促すため、腸内環境の改善に役立ちます。また、多糖体をエサにして増殖した善玉菌は、“短鎖脂肪酸”という成分を生成します。短鎖脂肪酸は血糖値を低下させる働きがあるとされ、コレステロールや中性脂肪の低下・血圧の低下・内臓脂肪の減少などに有効という報告もあります。

アロエベラの多糖体には細胞の新陳代謝を促す作用や、細胞のDNAに働きかけ新しい細胞を作る作用があります。そのため、アロエベラを体の内と外から摂り入れると、髪の毛の根元の毛母細胞の働きが活性化し、育毛効果も期待できます。さらに、髪の毛の主な成分はケラチンというたんぱく質ですが、アロエベラにはケラチンのもととなるアミノ酸が豊富に含まれています。これらアミノ酸が細胞内に供給されることで、より育毛効果が高まると考えられるのです」

アロエベラはジュースにして飲んでもよし、塗ってもよし

栄養豊富なアロエベラ。どんな食べ方が効果的なのだろうか。

安宅さん「アロエベラの効果を得るには、葉肉(ゲル状の部分)を食すること。アロエベラの生葉が手に入れば、外側の皮をむいて中のゲルを生のまま野菜と同じように食べるか、ミキサーにかけてジュースにするのがスタンダードな摂り入れ方です。ファスティングを行う際に酵素ジュースの代わりにアロエベラジュースを飲んだり、スムージーにアロエベラを追加するのも大変おすすめです。また、お酒を飲む前にアロエジュースを飲んでおくと悪酔いしないという声も多く聞きます。生葉が手に入らない場合や、調理が面倒な方は、市販のアロエベラジュースを飲用してもよいでしょう。

アロエベラのゲルは保湿作用が強いため、頭皮に塗ることで皮膚を潤し、炎症を抑えることで発毛にとってよい環境に保つ効果があります。頭皮に塗る場合は、生葉ではなく、市販されているアロエベラの化粧品や育毛剤を利用しましょう」

店頭ではなかなか見ないアロエベラ ネットなら簡単購入 

最後に、アロエベラの入手法を聞いた。

安宅さん「アロエベラの生葉やアロエベラジュースは一般のスーパーではなかなか見かけません。インターネットの通販などを利用したほうが、選択肢も多く、品質のよいものが手に入りやすいかと思います」

最後にアドバイザーから一言

安宅「アロエベラの多糖体は食事などで一緒に摂取したビタミン類を体内に長く保つ効果もあります。バランスの良い食事+アロエベラで健康的な生活を送りましょう」

Text by Mai Matsubara (Seidansha)