pc_yokoo01
- 40男が嗜む逸品 -

DIESEL×PORTER×横尾忠則のコラボアイテム

イタリアのブランド「DIESEL」が、今年で日本へ上陸して30周年のアニバーサリーイヤーを迎えたことを記念し、世界的な美術家である横尾忠則氏のアートと、𠮷田カバンが手がける「PORTER」とのトリプルコラボレーションのバッグが限定発売される。

横尾氏のアートがプリントされた“3レイヤー”と“ブラックデニム”

「DIESEL × PORTER ARTWORK by TADANORI YOKOO」と銘打たれたシリーズは、表面にナイロンツイル、中間層にポリエステル綿、裏面にポリエステルタフタという3層構造を持ったPORTERを代表する柔らかな感触のボンディング素材を使った「3レイヤー」に、「具象と抽象が絡み合うアラビアン・ナイトのイメージ」と横尾氏が語る2015年に発表した作品「RK」をプリント、さらにDIESELが厳選した日本製ブラックデニム素材が融合した、数量限定のコラボレーションアイテムだ。

グラフィックデザイナー、画家である横尾氏は1936年兵庫県西脇市生まれ。様々な作風を持ち、ポスターやレコードジャケット、絵画、現代アートといったジャンルを超えた活動を展開、世界中で個展が開催されるなど高い評価を受けており、さらに小説家や俳優など幅広い分野でも活躍している。2000年代に入ってからは「Y字路」を描くなど、80歳の現在も精力的に活動中だ。

横尾氏のアートがプリントされた“3レイヤー”と“ブラックデニム”
撮影:松元絵里子

1935年に𠮷田鞄製作所として設立されたことが始まりの𠮷田カバンは、創業者である𠮷田吉蔵氏の精神である「一針入魂」を社是とし、デザイン性に優れた丈夫で長持ちする日本製カバンを世に送り出している。1962年に発表された初の自社ブランド「PORTER」の名は、ホテルなどで客の荷物を預かる「ポーター」こそがカバンの良さを知る者であることに由来しており、これまでにアパレルを始め様々なコラボレーションを行っている。

6つのモデルを展開

DIESEL × PORTER ARTWORK by TADANORI YOKOOは、全6モデルを展開する。DAY PACK(39,000円/写真上)、BACK PACK(49,000円)、WAIST BAG(27,000円/写真下)、3WAY BRIEF CASE(43,000円)、WALLET ロング(16,800円)、WALLET 2つ折り(13,800円)というラインナップだ(価格はすべて税抜き)。

6つのモデルを展開

アイテムは2016年11月24日から渋谷のDIESEL ART GALLERYで先行発売され、翌25日からは全国のDIESEL STORE(一部店舗を除く)と𠮷田カバンの直営店であるクラチカ ヨシダ 表参道の店頭で、さらに12月上旬からはDIESEL ONLINE STOREでも購入できる。

またDIESEL ART GALLERYでは「DIESEL ART GALLERY Presents TADANORI YOKOO POP-UP STORE」がオープン(2016年11月25日~2017年2月10日まで)、今では入手困難となっている横尾氏が手掛けた名作ポスターや新作グッズの購入が可能だ。そしてクラチカ ヨシダ 表参道には「DIESEL ART GALLERY Presents TADANORI YOKOO POP-UP CORNER」が登場(2016年11月25日~2017年1月22日まで)する。

ひと目で“横尾忠則作品”とわかる鮮烈なイメージとDIESELならではの高品質な漆黒のブラックデニム、そこへ丈夫で軽量なPORTERという、3つの個性がぶつかり合いながら融合するアイテム。この機会にしか手に入らない逸品だ。

Text by Tamotsu Narita