貫禄たっぷり、なのにどこか優し気な「カシミアスーツ」
- 目でもなく口でもなく 肌でオトす40男は“カシミア上手” -

貫禄たっぷり、なのにどこか優し気な「カシミアスーツ」

カシミア上手の最後にして最高の手立ては、スーツがカシミア。カシミアは水に弱いデリケートな素材なので、そのスーツは当然にしてガシガシ使うものではありません。しかしだからこそ圧倒的にラグジュアリーで差別化も圧倒的。その佇まいには気品とただならぬオーラが宿ります。

選びはグレーかネイビーが基本です

さきにも述べたように、定番であるほど40男は素材でものを選ぶべき。ですので、カシミアスーツは定番色のグレーやネイビーの方がカシミアの良さが浮き立ちます。さらに合わせもシンプルに徹して、スーツの個性を引き立てましょう。
カシミアスーツ110万円、シャツ5万6000円、タイ4万4000円/すべてキートン、チーフ1万3000円/アリアンナ(エストネーション)、コート45万円/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)、時計150万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

素材で勝負できるので、ラフに着こなしてもキマる

カシミアスーツはその柔らかな素材感から、スーツでもどこか柔らかな印象を与えるのがメリット。なので、タートルとストールなどのさらりとラフな着こなしにも抜群に相性が良い。そしてラフな着こなしになればなるほど不思議とワルそうに見える。実はカシミアというギャップが、あの頃憧れた銀幕のスターのようなイメージをつくりだすのです。
スーツは上と同じ。ニット3万1000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、ストール1万9000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)、サングラス3万2000円/パイン(フォレストパイン・デザインラボ)、時計82万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)

まずは小物からカシミア、というのも手

全身カシミアスーツはちょっとまだ早いかも…というあなたには、タイやチーフがカシミア、という手段もおすすめです。差別化のしづらいスーツスタイルにおいて、小物にこだわるというのはとても大切なこと。さり気なく同色のカシミアで、センスの良い差別化を胸元から図りましょう。
シャツ各1万6000円/バーニーズ ニューヨーク、タイ各3万9000円/ジャンニ フォンタナ、チーフ各1万6000円/アリアンナ(すべてバーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

Photographs / Chicken Shinoyama
Styling / Takahisa Igarashi
Hair&make / Masakazu Igarashi
Model / Masaya(HEADS)
Text & Editorial / Kohei Ichimura

エストネーション:‪03-5159-7800‬
LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス:‪03-5524-6420‬
キートン:‪0120-838-065‬
バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター:‪0120-137-007‬
フォレストパイン・デザインラボ:‪03-5786-2323‬
ボリオリ 東京店:‪03-6256-0297‬
リーミルズ エージェンシー:‪03-3473-7007‬
レナウン プレスポート:‪03-5468-5640‬


第1回:誰でも明日からカシミア上手になれる「デイリーカシミア」
第2回:相手にリッチさを伝えたいなら「カシミアコート」
第3回:心地よさを自分で味わいたいなら「カシミアニット」
第4回:貫禄たっぷり、なのにどこか優し気な「カシミアスーツ」