心地よさを自分で味わいたいなら「カシミアニット」
- 目でもなく口でもなく 肌でオトす40男は“カシミア上手” -

心地よさを自分で味わいたいなら「カシミアニット」

カシミアは、着ている本人もその肌触りによって豊かな気持ちになれるもの。ですから、肌触りを直接感じられるニットをカシミアにすると、毎日が豊かな気持ちになれる。いつものニットとの歴然とした違いを肌で感じることができるのです。

シンプルなものほど上質であるのがセンスの良い大人

シンプルなアイテムであるほど、柄や色で主張するのではなく素材で勝負するべき。シンプルであるということは、さまざまな着こなしにマッチするので出番も多い。ゆえ、素材にこだわれば着るたびにリッチで豊かな気持ちになれます。そしてシンプルなのに実は上質、という爪の隠し方が、周囲からは「センスの良い人」と見えるのです。
右●7万4000円/ドルモア(バインド ピーアール)
中●6万2000円/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)
左●13万5000円/イザイア(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン)

肌に直接触れるから、どんなスタイルも心地よく

タートルネックニットのような首元まで触れるアイテムであれば、カシミアの心地よさを存分に味わうことができます。それでいて蓄熱性の高いカシミアですから、暖かさも段違いです。
カシミアニット2万7000円/J.プレス(オンワード樫山 お客様相談室)、パンツ2万6000円/ダーバン(レナウン プレスポート)、デニムジャケット3万6000円/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店)、カットソーは私物

究極の“あの子に貸してあげられるカシミア”です

肌で感じることができるアイテムとして忘れてはならないのが、ストール。日々の心地さ、防寒性ともにカシミアの恩恵をたっぷりと受けられるアイテムですが、さらに、連れ添った女性の首元が寒そうであれば貸してあげることもできる。で、その肌触りがとろけるようなカシミアであると、あなたとの時間や思い出を肌で覚えていてくれるのです。
右●2万3000円/ジョンストンズ(リーミルズ エージェンシー)
中●4万円/ダンヒル(リシュモン ジャパン)
左●2万円/ジョンストンズ(エストネーション)

いつものスーツもカシミア一枚で上品に美しく

スーツは遊びが少ない分、差別化の難しいスタイルです。だからこそ時計やアイウエア、靴といった部分にこだわることが大切なのですが、中でもストールは見られる機会も時間も多いアイテム。上品なカシミアストールを一枚巻けば、いつものスーツまでもが高そうに見えるのです。
カシミアストール4万円/アクアスキュータム(レナウン プレスポート)、スーツ10万5000円/ハケット ロンドン(ヴァルカナイズ・ロンドン)、シャツ3万5000円、タイ2万9000円/ともにダンヒル(リシュモン ジャパン)、チーフ4900円/J.プレス(オンワード樫山 お客様相談室)、メガネ3万4000円/パイン(フォレストパイン・デザインラボ)、時計50万5000円/タグ・ホイヤー(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー)

Photographs / Chicken Shinoyama
Styling / Takahisa Igarashi
Hair&make / Masakazu Igarashi
Model / Masaya(HEADS)
Text & Editorial / Kohei Ichimura

イザイア ナポリ 東京ミッドタウン:‪03-6447-0624‬
ヴァルカナイズ・ロンドン:‪03-5464-5255‬
エストネーション:‪03-5159-7800‬
LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー:‪03-5635-7054‬
オンワード樫山 お客様相談室:‪03-5476-5811‬
バインド ピーアール:‪03-6416-0441‬
フォレストパイン・デザインラボ:‪03-5786-2323‬
マッキントッシュ青山店:‪03-6418-5711‬
リシュモン ジャパン:‪03-4335-1755‬
リーミルズ エージェンシー:‪03-3473-7007‬
レナウン プレスポート:‪03-5468-5640


第1回:誰でも明日からカシミア上手になれる「デイリーカシミア」
第2回:相手にリッチさを伝えたいなら「カシミアコート」
第3回:心地よさを自分で味わいたいなら「カシミアニット」
第4回:貫禄たっぷり、なのにどこか優し気な「カシミアスーツ」‬