誰でも明日からカシミア上手になれる「デイリーカシミア」
- 目でもなく口でもなく 肌でオトす40男は“カシミア上手” -

誰でも明日からカシミア上手になれる「デイリーカシミア」

カシミア上手への近道は、あえてデイリーに使うこと。これみよがしに纏うのではなく、あくまで日常生活のなかでさらりと着こなしてこそ、40男の余裕とカシミアの素材の良さが相手に伝わるのです。

まずはカシミアのパーカを一枚

カシミアは毛足が長く、空気を豊富に含むため実は保温性に優れた素材。ゆえ、Tシャツでシンプルに合わせても暖かく、冬に適した素材と言えます。そしてパーカであればいまどきなスポーティミックスのお洒落が可能。ここまでシンプルな着こなし、「なのに、ふと肌が触れると実はカシミア」という塩梅が女性の心をつかむのです。
カシミアパーカ25万8000円/クルチアーニ(クルチアーニ 銀座店)、Tシャツ5500円/ドゥニーム(ドゥニーム ルミネマン渋谷店)、 パンツ1万7000円/ハケット ロンドン(ヴァルカナイズ・ロンドン)

カシミアパーカはジャケットのインナーとしても大活躍

ジャケットの下にパーカを合わせた、スポーティかついまどきな着こなし。そんな時のパーカもカシミアであれば、カジュアルな装いでも若者とは一線を画す、40男の余裕とリッチさを演出できます。
カシミアパーカ15万円/クルチアーニ(クルチアーニ 銀座店)、ジャケット12万8000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)、中に着たニット3万2000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)

カシミア上手は脱いでもスゴい

デイリーカシミアのテクニックとしてもうひとつおすすめなのが、肌着がカシミアというもの。こちらのカシミアのカットソーならば、自分が着て心地よいだけではなく、室内に入って上着を脱いだ時に実はカシミア、なぁんてリッチな男を装うことができるのです。
カシミアカットソー2万9000円/エストネーション

Photographs / Chicken Shinoyama
Styling / Takahisa Igarashi
Hair&make / Masakazu Igarashi
Model / Masaya(HEADS)
Text & Editorial / Kohei Ichimura

ヴァルカナイズ・ロンドン:‪03-5464-5255‬‬
エストネーション:‪03-5159-7800‬‬
オンワード樫山 お客様相談室:‪03-5476-5811‬‬
クルチアーニ 銀座店:‪03-3573-6059‬‬
ドゥニーム ルミネマン渋谷店:‪03-5428-3702‬‬
ボリオリ 東京店:‪03-6256-0297‬‬
リーミルズ エージェンシー:‪03-3473-7007‬‬


第1回:誰でも明日からカシミア上手になれる「デイリーカシミア」
第2回:相手にリッチさを伝えたいなら「カシミアコート」
第3回:心地よさを自分で味わいたいなら「カシミアニット」
第4回:貫禄たっぷり、なのにどこか優し気な「カシミアスーツ」