pc_ボルボXC60クラシック画像01
- スーパーカーブランド【ボルボ】 -

熟成極めたボルボの中核SUV『XC60クラシック』登場

ボルボのクロスカントリーモデルの中核を担う『XC60』が、実質的な2017年モデルにアップデートされ、「Classic(クラシック)」と呼ばれる充実装備の新グレードが登場した。ボルボで「クラシック」といえば、モデルチェンジ直前の“最終型”に与えられる特別な名称。歴代の「クラシック」は、“熟成が進んだ完成形”として評価が高く、クラシックモデルばかりを乗り継ぐ好事家も少なくない。

北欧らしい優しい内装、端正で控えめな外装を持つ第3のクロスカントリー『XC60』

XC60は、2009年に日本デビューを果たしたボルボのミドルクラスSUV。ステーションワゴンの『V70』をベースにSUVテイストに仕立てた『XC70』、フラッグシップSUV『XC90』に続く、第3のクロスカントリーモデルとして登場した。

セーフティに注力するボルボらしく、デビュー当時から安全装備は充実しており、完全停止までする緊急自動ブレーキを日本で初めて搭載したのは、じつはこのXC60なのだ。

いまやSUVは世界中の自動車メーカーに数多くラインナップされるが、押し出しの強いモデルが多いなかで、端正かつ控えめなエクステリア、北欧メーカーらしい優しいテイストのインテリアは、ボルボならではのもの。他にない存在感から、日本でも多くのユーザーを生み出してきた。

レギュラーモデルでありながら特別仕様車のような充実装備の『XC60クラシック』

ボルボでは、モデルライフ末期、装備を充実させお買い得感の高いプライスタグをつける「クラシック」グレードを発売するのが通例となっている。

しかし、この『XC60クラシック』をモデルチェンジ直前の古びたクルマと考えるなら、それは大きな間違いだ。毎年、少しずつ改良を加えていくのがボルボのクルマづくり。つまり、「クラシック」とは、熟成が進んだ完成形なのである。ボルボユーザーのなかには、モデルチェンジが近いと知りながら、あえて「クラシック」ばかりを乗り継ぐ人も多い。

XC60クラシックは、2.0Lクリーンディーゼルを搭載するFF(前輪駆動)の『D4 クラシック』と、2.0Lガソリンターボを搭載する四輪駆動の『T5 AWD クラシック』の2つのモデルを設定。「T5 AWD」は、従来の2.5L 5気筒に変わって、新世代2.0L 4気筒へと、最終にして最新のパワートレインに改められた。

また両者とも、フロントシートヒーターつきの本革シートをはじめ、「モダンウッドパネル」「パノラマ・ガラス・サンルーフ」「12セグ地上デジタルTV」など、従来モデルではオプションだった数多くのアイテムを標準装備。D4クラシックには「Tucan」という名の18インチアルミホイール、T5 AWDクラシックにはブラックペイントの「Lesath」19インチアルミホイールが装着される。

XC60クラシックのいいところは、特別仕様車のような充実装備でありながら、レギュラーモデルとしてラインナップされる点だ。だから、選べるボディカラーが限定されることもなく、メーカーオプションも自由に選択できる。ファイナルモデルと銘打って仕様を限定するクルマもあるが、選択肢が多いのは純粋にうれしい。

日本デビューから7年。熟成を極めたボルボのミドルクラスSUVが、“買い”な1台であることは間違いない。

Text by Muneyoshi Kitani