離婚などの男女トラブル「慰謝料」の相場はどれくらい?
- 男女トラブルの法律問題 -

離婚などの男女トラブル「慰謝料」の相場はどれくらい?

「プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が慰謝料663億円で離婚成立」なんてニュースを覚えているだろうか。まあ、こんなのは特殊なケースで、金額がケタ外れすぎてまったくピンとこないものだが、一般的な男女のトラブルから生じる「慰謝料」の相場って、どれくらいなのだろうか?

そもそも慰謝料が発生するケースとは?

まず前提として、慰謝料が発生するのは「結婚、婚約または内縁(事実婚)関係」にある男女のいずれかに落ち度があったとき。逆にいえば、「ただの恋人」との交際中に落ち度があっても、慰謝料を請求されることはありません。ただし例外的に、恋人関係がこじれて片方がストーカー行為や暴力行為(デートDV)に及んだりしたら、それは慰謝料請求の対象になります。

では、どんな「落ち度」かというと、典型的なのが「浮気や不倫」。それ以外では「暴力」や「夫が生活費を払わない/妻がまったく家事をしない」あるいは「一方がセックスを拒んでいる」などです。そもそも慰謝料というのは、精神的損害に対して支払われる賠償金のこと。ゆえに、たとえば「性格の不一致」のような、いずれの落ち度ともいえない理由では請求できません。

慰謝料の相場、日本の場合は?

さて、気になる慰謝料の相場ですが、婚約破棄だと数十万円。まあ100万円を超えることはない、というイメージですね。ただ、宗教や出自を理由に家族ぐるみで結婚に反対されたなど、込み入った事情があると、数百万円(判例では最大500万円)にのぼることもあります。

そして、離婚の場合は「100万~300万円」。といってもだいたい「200万円前後」に落ち着くようですが、婚約破棄と比べてだいぶ高額です。それだけ「結婚」という男女の結びつきは強いってことですね。こちらも例外的に、たとえば社会的地位の高い人が不倫で離婚した場合などは、資力があるという事情に加え、「イメージが悪くなるから公にしないでください」という口止め料的な意味も込めて、1000万円近くに跳ね上がることもあります。

ちなみに、夫婦間のセックスレスが離婚理由として争われたケースで、結婚して3カ月、かたくなにセックスを拒んだ夫に対し、500万円の慰謝料が発生した判例も。っていうか、そもそもこの夫はなんで結婚したんですかね?

最後に、「オレは婚約も結婚もしてないから関係ないな」と思っていても、もし相手が既婚者であると知って付き合ってしまったら、これも慰謝料請求の対象になります。つまり、浮気された側は、配偶者と同時に浮気相手に対しても慰謝料を請求できるわけです。オトナの火遊びはそれなりのリスクをともなうということは、知っておいた方がいいかもしれませんね。

Text by Hikaru Sudo