people, crisis, emotions and stress concept - man in white t-shirt covering his face with hands over gray background
- 40代のアク抜きダイエットテク -

洗練された印象を手に入れる!?「赤ら顔」を改善するには?

常に赤面しているような状態で、なんとなく野暮ったい印象を与えてしまう「赤ら顔」。一口に「赤ら顔」といっても、その原因には様々なものがあるという。そんな「赤ら顔」の原因ごとの解決法を、表参道皮膚科院長の梅田さやか先生に伺った。

■今回のアドバイザー
表参道皮膚科 院長
梅田さやか

2006年日本大学医学部卒業。日本大学医学部付属板橋病院、長野県市立岡谷病院にて初期研修医。2008年4月日本大学医学部付属板橋病院皮膚科学教室入局。2014年7月、医療法人社団 眞佑会 肌クリニック 表参道皮膚科院長に就任。自身が肌トラブルに悩まされた経験から、皮膚科医の道を志す。自身の経験をふまえて、子供から大人まで患者さん一人ひとりに寄り添いつつ、大学病院での学びを活かし最善の治療を提案している。

炎症、ニキビ、シワ…乾燥肌が引き起こす様々なトラブル

梅田先生「赤ら顔の原因は、大きく分けて2つあります。ひとつは生まれつきの体質によるもの。皮膚が薄く、毛細血管が拡張することで赤ら顔に見えてしまいます。緊張やお酒、運動で一時的に顔が赤くなってしまう『赤面症』の方もこれにあたりますね。

もうひとつは、肌自体に炎症がおきていて赤く見えるタイプ。ニキビや肌荒れ、脂漏性皮膚炎などの肌トラブルで顔が赤くなってしまうのです」

あなたの肌タイプは? 乾燥肌セルフチェック

梅田先生「体質による赤ら顔は遺伝的な要因が強く、家族の方に同様の症状を持つ方がいらっしゃることが多いです。また、寒暖差の激しい地域では、体温を保つために血管が拡張したままとなるため、顔が赤くみえるケースもあります。

体質的に原因のはっきりしている赤ら顔の方は、寒暖差、緊張、お酒などの悪化原因となることを避けるようにすることで、赤ら顔の改善につながります」

正しい洗顔とケアで、肌の潤いをキープ

梅田先生「肌の炎症による赤ら顔は、ストレスや睡眠不足、不規則な食生活によって引き起こされることがあります。間違ったスキンケアや紫外線も悪化因子ですね。

炎症による赤ら顔を改善するためには、睡眠や食生活など生活面やスキンケア方法を見直すことが不可欠。不規則な生活は最近始まったものでなくても、長年の悪習慣の積み重ねが年齢とともに肌に出やすくなることがあります。いつもの生活と変わらない…とたかをくくらずに見直してみてください。

また、皮脂やニキビが気になるからといって洗顔をしすぎたり、スクラブやメンソレータムの入った洗顔料で洗顔したりすると、肌に刺激を与えすぎて赤ら顔の原因となることがあるので要注意です。保湿を心がけて肌のバリア機能を回復させると、それだけでも肌荒れによる赤ら顔を改善できることがあります。日焼け止めを使うなど紫外線のケアも忘れずにしましょう」

最後にアドバイザーからひと言

「原因に合った改善方法を試しても治らない場合は、皮膚科医に相談してみてください」

Text by Takumi Arisugawa