若い女子から好かれる40代男性との関係=●●の…pc
- 【モテ技】必読!美女とのデート成功法・失敗例 -

「3回目のデート」で注意すべきポイントとは…

付き合いが浅くても、異性として「アリ」か「ナシ」かは3回くらいデートをしてみれば分かるもの。特に、フィーリングを重視する女性たちにとって、3回目のデートはその後の関係を続けるか否かのターニングポイントになる。そこで、20代美女に「3回目のデート」における女性の心理について解説してもらった。

■今回のアドバイザー
Oさん 23歳 大学院生

お嬢様然としたルックスとはうらはらに、性格は男勝りでサバサバしているOさん。リケ女として研究室の男性達を魅了する毎日からヒントを貰おう。

3回目でカラダの関係を持った男性とは、今も続いている

Oさん「男性として今後もお付き合いをしていくかどうかは、3回目のデートをするまでには結論がでていることがほとんどですね。特に、カラダの関係を持てる相手かどうかはすぐに分かると思います。

会ったその日にお持ち帰り…ということはなくても、3回くらい会っている相手とだったら付き合っていなくてもカラダの関係を持つ可能性だってあります。実際、デートしていた男性から3回目のデートでホテルに誘われて付いて行ったこともありますし。3回目のデートであの誘いがなかったら、そのあとはもう男女の関係ではなくてただの飲み友達になってたと思いますね。今ではお互いに恋人がいない時に慰め合うような関係です。恋心抜きでカラダだけの関係でも、3回目のデートまでにはジャッジしちゃうんですね」

デートを重ねても進展しない恋愛には2パターンある

Oさん「純粋に恋愛するという面でも、やっぱり3回目のデートってターニングポイントだと思います。以前、心理学の教授に『3回目までのデートで進展しない男性とは先がない』という説についてどう思うかを聞いてみたんですけど、『傾向には2パターンある』とおっしゃってました。

ひとつめは、恋人になることが目的ではなく、その時その時のデートを楽しみたい男性というパターン。これは、そもそも進展する気がないから仕方がないですよね。

もうひとつは、男性がアピール下手でうまく進展させられないパターン。最近は40代男性でもこういうタイプを見かけます」

告白しなくても好意が伝われば、女性を繋ぎ止められるかも

Oさん「後者のパターンについて、若い女性のほうから色々お膳立てしなければ進展しない…と考えると、やっぱり先は無いですね。考えるだけでもゲンナリしちゃいます。別に、『3回目のデートで絶対に告白して!』というわけじゃないんです。でも、少なくとも『この人とは近いうちに恋人になるかも?』って予感はさせてほしい。

ダラダラデートを続けているだけだと、女性は『ただ遊びたいだけで、相手はだれでもいいのかも?』って不安になります。だから、『好意があるからデートしてる』『君は特別』っていう気持ちを少しでも伝えてあげれば、女性の方も猶予期間を延ばしてくれると思うんですよね。私も、3回目までに手を出してこない男性に対しては、『この人は本気?遊び?』ってジャッジしてます(笑)」

最後にアドバイザーからひと言

「彼女に好意を持っているなら、3回目のデートまでには“本気”を示してほしい」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto