おとなの週末 11月号
- おとなの週末 powered by éditeur -

”気負わず一杯”から始めましょう 晩酌ワイン

会社帰りに軽く。晩ご飯の前に手酌で。
そんな肩肘張らず、気軽に楽しむ晩酌的なお酒にもワインはぴったりなのです。
そこでお気楽ワインが楽しめる店を覆面調査し、家飲み用お手頃ワインを覆面試飲で探し出し……と、”気負わず一杯”を始められる店&ワインの数々を集めてみました。
今晩から晩酌ワイン始めませんか?

撮影/鵜澤昭彦、貝塚隆
取材/池田一郎

フラッと入れる焼き鳥×ワインの三ツ星店
たまや 吉祥寺

焼き鳥には安旨&濃いめの赤ワイン?
いやいや、今どきはもっと軽やか。
選択肢もぐっと広がって、スタイルはどんどん進化中。
絶品の焼き鳥と染み入るワイン。
気軽で、オヤジなだけじゃない、このヨロコビをぜひ。
もちっと弾力抜群で旨みも濃い丸ハツや、燻香と締まった食感が味わえる燻製ぼんじり、肉を頬張ってる感抜群でわさびが利いたもも刻みわさび、大ぶりで肉質の良さがわかるささみ等々、部位ごとの味わいが楽しめる。おまかせ5本1260円、7本1730円も

肉の旨みを噛み締めながらじわっと日本ワインを合わせたい

開放的な入り口、ゆったりしたレイアウトの中に、古材を使ったカウンターやテーブル席。「女性にも、ご家族連れにも、安心して使ってほしい」という落ち着いた空間だ。「鮮度を大切に、部位によって山梨健味(けんみ)鶏、美桜(みおう)鶏、鳥取大山鶏を使います」という焼き鳥は、パツッとして大ぶりで、噛み締めればニンマリ。ジューシーで部位ごとの肉質をじっくり味わえ、それぞれの良さが引き出されていて楽しい。そしておすすめは、白、赤、泡ともこだわってセレクトした日本のワイン。山梨の甲州しかり、京都のピノ・ノワールしかり、いずれも濃過ぎずやさしいテイストがじんわりと合う。なんかじわっと幸せなんだなあ。
10名座れる、入り口横のテラス席も広々開放的。天気のいい日はここでワイワイやるのもいい。店内はゆったり落ち着くカウンター席も人気。ひとりでもふたりでも
揚げたポテトが入ってあったか。ハーブがのってるのもうれしい。/あったかいポテトサラダ 650円
上・クリームチーズはもちろん、やさしい西京味噌の風味がワインに合う。 下・大ぶりのタコぶつとアボカドという異なる食感が◎/クリームチーズの
西京味噌漬け 380円、アボカドとタコのサラダ 700円

たまや 吉祥寺

焼き鳥とワインのことはおまかせください
[酒]
ビール:中生550円ほか
焼酎 :400円〜
ワイン:グラス600円〜
日本酒:冷酒700円〜、熱燗(一合)750円〜
サワー450円〜 

[その他のメニュー]
玉屋のきのこサラダ900円、ふぐかわの酢ジュレ550円、とりシューマイ(3個)650円、薄霜降り馬刺し1300円、かしわうどん880円

住 所 :東京都武蔵野市吉祥寺本町1-34-2
電 話 :0422-27-6165 
営業時間:11時45分〜15時、17時〜23時、土13時〜23時、日・祝13時〜22時
定休日 :不定休
席   :カウンター16席、テーブル20席、テラス10席 計46席
全席禁煙(外で可)/予約可/カード可/お通し350円
アクセス:JRほか吉祥寺駅中央口より徒歩4分