シャンパンダイエット
- 【食べて痩せる!】究極のダイエット食材 -

リッチな気分でダイエット! 「シャンパン」がダイエット向きなワケ

ダイエットを意識している大人の男性なら、お酒の選び方にも気を配っているはず。最近ではローカロリーなハイボールが人気だが、若干庶民的イメージが強い点が難点といえば難点。そこでおすすめしたいのが、ラグジュアリーなお酒の代表格「シャンパン」だ。他のお酒に比べ意外にもダイエット向きだという。ダイエットにはシャンパンがおすすめな理由と、効果的な飲み方を専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー
ダイエットエキスパート
和田清香さん

300種類以上のダイエット法を自身で体験し15kgの減量に成功した経験をもとに、「食事」「運動」「生活習慣」のトータルな面から、価値あるダイエット情報をテレビ、ラジオ、雑誌、WEB等で発信。現在『着圧ハイウエストレギンス入浴で脚・おなか・ヒップやせ』(主婦と生活社)が好評発売中。

シャンパンがダイエットに適したお酒である理由は飲み方にあった!?

そもそもなぜシャンパンがダイエットに適しているのだろうか?

和田さん「シャンパンの糖質は白ワインと同程度、かつグラス1杯あたり約100キロカロリーと、お酒の中ではかなりヘルシーな部類に入ります。また、細長いクープ・グラスに注がれることからも分かるように、シャンパンは大量に飲むものではなく、少量を味わいながら飲むのが主流。事実、シャンパンはグラス1~2杯飲めば満足してしまいますし、2杯飲んでも200カロリー程度なのでビールをジョッキ1杯飲むよりヘルシーです。いつもお酒を飲み過ぎてしまう人も、普段のお酒をシャンパンに変えることで、余分なカロリーや糖質の摂取を防ぐことができるでしょう。

また、記念日やクリスマスなど、特別な日に飲むことの多いシャンパンですが、日常生活に摂り入れることでリッチな気分になり、精神的な満足感も深まります」

できるだけ辛口をセレクトするのがダイエット向け。お水と一緒にゆっくり飲むとなお良し 

実際にシャンパンダイエットをする際のポイントとは?

和田さん「シャンパンをダイエットに活かすのであれば、『辛口(エクストラ・ブリュット)』を選ぶのがベスト。辛口であればあるほど、糖分添加量が少なくなります。また、シャンパンを飲む時は、ミネラルウォーターの入ったグラスを横におき、シャンパンを一口飲んだら水も口にするようにしましょう。そうすることで、飲酒のペースも自然と落ち着き、ゆっくりシャンパンを楽しむことができます。

また、シャンパンを飲むことの醍醐味は、普段の自宅飲みでも、リッチな気分を味わえるということ。仕事終わりなどにリラックスした状態でシャンパンを嗜めば、ダイエットや糖質制限もストレスフリーで行えるでしょう。さらに、好みの果物をシャンパンに加えてフルーツシャンパンにすると、見た目も美しく、心もお腹も優雅に満たされます」

ダイエットを考え、シャンパンには糖質の代謝をよくする成分が入ったおつまみを選ぼう

そんなシャンパンダイエットで注意すべき点を和田さんは付け加える。

和田さん「いくらシャンパンが低カロリー・低糖質だからといって、つまみを食べすぎるとダイエットにはなりません。特に、チーズはシャンパンに合うつまみとして知られていますが、食べすぎると脂質やカロリーを摂りすぎてしまいます。シャンパンのおともには、糖質の代謝をよくする働きのあるビタミンB群や、タンパク質、食物繊維を含む料理がおすすめです。シャンパンには『絶対に合わない』という料理が少ないので、ヘルシーな食材の中でも自分の好きなものをセレクトするといいでしょう」

最後にアドバイザーからひと言

「シャンパンとともに、一緒に食べるつまみのグレードも上げれば、少量でもより満足することができます」

Text by Mai Matsubara (Seidansha)