鼻毛ケアpc
- 40代のアク抜きダイエットテク -

抜くのは NG!? 意外と知らない「鼻毛」の正しいお手入れ法

男の「ムダ毛」の中でも、特に処理の甘さが目立ってしまう鼻毛。40代を超えると加齢や性ホルモンの関係で、太く長くなりやすいというから、特に注意したいところ。とはいえ、「正しい」鼻毛の処理法を知っている人は意外と少ないのではないだろうか? 働く男の評価にも影響しかねない、鼻毛の適切な処理法を専門家に聞いた。

■今回のアドバイザー
NAXメンズ脱毛 横浜店
渡邊貴大さん

完全予約制の隠れ家的プライベートサロン「NAXメンズ脱毛 横浜店」の店長。脱毛サロン特有の入りずらさをなくし、他人の目を気にする事なく来店出来る店作りを心がけている。

40代男性の鼻毛は、なぜ長く太くなりやすいのか?

渡邊さん「女性と比べて、男性ホルモンには体毛を濃くする働きの『テストステロン』という物質が多く含まれており、当然、鼻毛も長く太くなります。加齢も原因のひとつです。鼻毛はある程度伸びると自然に抜け落ち、再び生えてきます。ですが、歳をとるにつれて、抜け落ちるまでに時間がかかるようになって、生え変わりのサイクルがスムーズにいかなくなり、結果、伸び過ぎてしまうのです。

また、医学的な根拠はありませんが、よく排気ガスが多い場所に長時間いたり、タバコを吸ったりなど空気の悪いところで過ごすと、伸びるスピードが早いとも言われています。そういったことを背景として、最近では、40代以上の男性がビジネスマナーとして、鼻毛を手入れすることも増えてきました。鼻毛が出ていると、仕事で会う相手にも気を遣わせてしまい、雰囲気や印象も悪くなってしまいますからね」

気になる男の鼻毛のお手入れ。抜く、剃る、切る、どれがベスト?

渡邊さん「鼻毛を処理するにあたっては、ハサミやカッターだと、鼻内部の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。また、特に目立つのが鼻の穴の入口付近に生える毛ですが、自分でカットするとなると処理が難しいです。雑にやってしまうと毛の長さがバラバラになってしまうので、2〜3日おきにチェックしなければなりません。

そう考えると、抜くのがベストですね。ただし、何もつけずに抜くと痛みを感じる人もいるので、鼻毛ワックスを使用しましょう。そうすれば、比較的痛みがなく、短時間で処理することができます」

デリケートな鼻毛の処理。男性もサロンでの脱毛がオススメ

渡邊さん「自分で抜くのが面倒だったり、痛みが気になったりという人は、脱毛サロンで抜くこともできます。鼻毛を“脱毛”すると聞いて、少し不安に感じる人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

鼻毛は空気中のウイルスや異物の進入を防ぐと言われていますが、実のところ、その役割を担っているのは、咽喉から肺までの気道の粘膜と繊毛です。鼻毛はあくまでそれを補助しているに過ぎないので、処理しても問題ありません。また、鼻の中はデリケートで、粘膜の強度には個人差があるので、脱毛サロンなら施術前にしっかりとカウンセリングをしてくれます」

最後にアドバイザーからひと言

「どんなにかっこいいヘアースタイルやオシャレをしていたとしても、鼻毛が出ていたら台無しなので、鏡で色んな角度からチェックしましょう」

Text by Mitsuo Okada(Seidansha)