マイフェイバリット ストラダ エスト 田村彩香さん
- 噂の美人店員が選ぶ「これが私のマイフェイバリット」 -

タトラス&ストラダ エスト 田村彩香さん「女性の警戒心をほどくスーツです」

クールで凛とした表情と朗らかな人柄のギャップが魅力の田村彩香さん(28歳)は、「25歳を過ぎたあたりから大人のスーツの魅力に気がついた」と言います。彼女がいま理想とするのは、素敵なのに女性を緊張させない40男のスーツスタイル。そうしてリコメンドしてくれたジャージースーツには、なにやらいろんな“モテるお得♪”が詰まっているようです。

「素敵なのに女性を警戒させないのが、ジャージースーツです」

「ガチガチのスーツスタイルだと少し緊張してしまいます」という女性側の本音。これはなにも彼女だけのものではないようで、格好いいのに女性もリラックスさせるスーツスタイルは相当にモテる、と田村さん。それを可能にするのが、ジャージースーツだと言います。「王道のスーツをジャージー素材で遊んでいると、なんだかいろいろ遊び慣れている感じがして、そこがまた素敵。人と違う“ひと工夫”や“遊び”に魅力を感じるんですよね」。

「遊びは小物や素材で取り入れるのが趣味の良い大人」

スーツは上下が共地である分個性を出しづらいもの。そういう意味でも、素材で遊んだ印象を得られるジャージースーツはオススメです。「素材自体が遊んでいるので、着るだけで人と違う個性が備わるのがメリット。それに、ジャージースーツはシワと無縁なので、トランクケースに丸めて忍ばせておけば、旅先でのスーツスタイルはもっともっと楽になるはずです」。

「シルエット、伸縮性、ともに自信をもってオススメできます」

数あるジャージースーツのなかでも、田村さんが自信をもって「着てほしい!」と話すのが、ジャケット、ベスト、パンツが3つ揃いになった、ソリードの3ピースジャージースーツ。
「縦に落ちる細身のラインがスマートで、シルエット的にも一番格好いいと思います。イイ大人が病みつきになる伸縮性に加えて、自宅で丸洗いができるので、実用面、経済面、女性目線、すべてにおいて試す価値のある一着です」。
ジャケット5万2000円、ベスト2万2000円、パンツ2万5000円/すべてソリード、シャツ2万1000円/ストラダ エスト×ソリード、チーフ1万9980円/ソロイスト、ストール2万6000円/ラグ&ボーン、靴3万3000円/コールハーン(すべてストラダ エスト)

「すっごく好きなんです、お酒が(笑)」

砕けた感じの店でラフに飲むのが好きという田村さんが、一緒にお酒を飲みたい40男は“自分磨き”をしている大人。「お洒落、カラダ、遊びに積極的で、自分を磨き続けられる人。そんな人と一緒にいられたらきっと楽しいし、自分も一緒に成長できる気がします」。
まだまだ現役の大人として、こんな素敵な美人と夜を楽しむためにも、自分磨き、もといモテるスーツスタイルを手に入れましょう。

Text & Editorial by Kohei Ichimura
Photographs by Chicken Shinoyama