secret_re39pc
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

20代女子が年上男性との初○を許してしまうとき、それは…

女性なら誰しもが憧れるのが、まるで映画やドラマの中の出来事のようなロマンチックな恋愛。でも、あまりに型通りのロマンチックさは、予測がつくぶんスリルが足りない。20代の女性が年上の男性に求めているのは、ロマンチックさの中にある少しのスリルなのだ。今回アドバイスをしてくれた20代美女いわく、デートは3回目までが勝負時。デートのごく初期段階の“つれない態度”が、20代女性の心に刺激を与えるスリルになるのだそう。

■今回のアドバイザー Uさん 26歳 カフェスタッフ

読者モデルとカフェスタッフという2つの顔を持つUさんは、ロマンチックなだけでは満足できない恋愛体質な女性。「つきあいが上手くいかなくなる男性は、安心感のあるタイプ。デートを重ねるごとに退屈しちゃうんです。結婚するなら大切な安心感も、恋愛では不要。時間が経っても飽きさせない工夫をしてくれる男性がタイプです」。

■今回のアドバイザー
Uさん 26歳 カフェスタッフ

お泊まりを露骨に誘われると引いてしまう

Uさん「大人同士の付き合いであれば、デートを重ねるうちに男女の関係になりますよね。でも、初めてのお泊まりのときにいかにも『やりたい!』といった感じでグイグイこられるのはNGです。自然な流れでお泊まりになるならいいんですけど、あまりがっつかれると引いちゃう。私の場合、5回目くらいのデートで『そろそろかな?』なんて思うんですけど、それでも改めて『今夜は泊まろうよ』とか誘われちゃうと、断っちゃうこともあります(笑)」

期待を裏切ることで、女性側からの誘いを引き出す

Uさん「正直、3回目くらいのデートからは女性の方も『今日はお泊まりになるかも』って意識してます。でも、その状況でもあえてガマンして誘わないのが、大人のオトコの“引き”のテクニック。終電の時間になるまでに彼女のことを送ってあげて、大人の余裕を見せつけるんです。こうなるはず…という予測を裏切ることで、女性は『どうして?』って気になっちゃう。『もしかして、私に魅力が足りなかった?』なんて心配になって、次回のデートでは女性のほうからアピールしてくるはずですよ! 意外性のある”引きテクニック”で、ちょっとしたスリルを演出することが大事なんです」

アメとムチを使い分けて、手のひらで転がしてほしい

Uさん「年上の男性って若い女子にものすごく甘いから、どうしても女子に振り回されることが多くなりますよね。でも、たまに引いたりのかけひきをしたほうが女性側の好きな気持ちが引き出されて、男性側が主導権を握れるようになるんです。

私が今お付き合いしている人は43歳の年上男性なんですけど、はじめはいわゆる『優しくって言うことを聞いてくれる人』だと思ってました。でも付き合いが深まるにつれて、メールが淡白になるなどそっけない態度が増えてきて…。優しかった彼の態度が冷たくなると、『私のことどう思ってるの?』って不安になると同時に、いつも彼のことを考えちゃう。ただメールの返信が来ただけでものすごく嬉しかったりしますもん。たまに『好き』って言ってもらえると感激。こんなに彼のことを好きになるなんて、思ってもみませんでした。引きのテクニックって、女性の心を掴むのに効果てきめんなんですよ!」

最後にアドバイザーからひと言

「女性を夢中にさせるためには、ちょっぴり不安にさせる“かけひき”が即効性アリです!」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto