うつむく女性
- 見直してモテ度アップ!40男のNG集 -

20代女性に不評な40代男性の言動、それは○○…

20代女性が年上男性との付き合いに期待することといえば、甘えさせてくれる包容力。もし20代女性とお付き合いできるチャンスに恵まれたとしても、男性の方から女性に甘えてばかりでは幻滅されてしまうこと間違いナシだ。では、女性をガッカリさせてしまう寂しがり屋と、母性本能をくすぐる寂しがり屋はどう違うのか? 「恋人とはサッパリしたい関係でいたい」という20代美女に聞いた。

■今回のアドバイザー
Sさん 25歳 サロンレセプション

有名ヘアサロンの受付として働くSさんは、読者モデルとしても活躍するほどの透明感溢れる美女。話してみて初めて分かる、キッパリとした強さも魅力的だ。「趣味や仕事、友達と過ごす時間も大切にしたいから、ベタベタした“恋愛至上主義”な恋人関係はイヤ。お互いに自立して過ごせるドライな男性じゃないと、彼氏候補になりません」。

強がっていても本音がポロリ…が母性本能をくすぐる

Sさん「母性本能をくすぐるタイプの“寂しいアピール”は、ついうっかり本音がもれてしまった…という感じの強がりな態度です。例えば、ちょっとスネたようなメールが送られてきたり、お酒が入って『寂しい』と本音が出てしまったけど、それを冗談でごまかしたり…。素直になれずに虚勢を張るような態度が、可愛くってグッときます。

『次の週末まで君に会えないのは寂しい。どこでもドアがあるからいつでも会いに行けるんだけどね』って冗談まじりに寂しさを伝えてくれた男性には、思わずドキドキしちゃいました」

寂しいアピールは、相手が重く感じないようにするのがルール

Sさん「実は私自身も、素直に寂しさを表現できずに冗談でごまかしてしまうタイプなんです。普通に『寂しい』とは言いたくなくて、『イルミネーション見に行ったらカップルだらけ。ちょっとにらんじゃってたかも(笑)』とか『夢に出てきたよ! 私に会いたくって出てきたんでしょ』みたいな言い方になっちゃう。
『寂しいから構ってほしい!』というよりは、『あなたのことを考えていたよ』という伝え方をしたい。冗談っぽく言うことで、相手にとっても負担が少ないような気がします。恋人になかなか会えないと寂しくなるのは当然ですけど、寂しさを伝える時にはなるべく『重い』と思われない工夫が必要なんじゃないかな」

寂しさの全てを彼女に埋めてもらおうとするのはNG!

Sさん「ヘアサロンの受付という職業柄、お客様のお話を聞くことが多いんですけど、ものすごく寂しがり屋の男性のお話を聞いていると『しっかりして!』って言いたくなることもあります(笑)。あるお客様は、40代なのに彼女への依存がものすごくて…ハッキリ言って重い! 会えない日の彼女のスケジュールをこまかくチェックしたり、『寂しい』とワガママを言って女子会にまで連れて行ってもらうんだそう。デートの回数も週に4回以上と頻繁で、これってもはや“寂しがり屋”の度を超えて“束縛男”ですよね。

たとえ20代でもここまで彼女に依存するのはありえないのに、40代では完璧にNG。寂しさを彼女に埋めてもらうことしか考えていない人は、ある種のマザコンなんじゃ?って疑っちゃいます。大人の付き合いをするためにも、彼女への寂しいアピールはほどほどに、強がりでもいいから年上男性としての余裕を見せてほしいです」

最後にアドバイザーからひと言

「寂しいアピールは適度な冗談と強がりを交えて、彼女にとって重くならないように!」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto