治癒力アップや疲労回復に! 再注目の「酸素カプセル」-pc
- 40代のアク抜きダイエットテク -

治癒力アップや疲労回復に! 再注目の「酸素カプセル」

2015年にサッカー日本代表の香川真司選手が使用したことで、再び脚光を浴びている酸素カプセル。疲労回復や、骨折などのケガに対して通常よりも早期に回復が見込めるため、日本のアスリートやプロスポーツ団体でも使用しているところが多いという。最近では、個人で購入する人も少なくないという酸素カプセルの効能や最新事情について、酸素カプセルメーカー株式会社タイムワールドに話を聞いた。

■今回のアドバイザー 株式会社タイムワールド

酸素カプセルの開発設計から組み立て・製造・メンテナンスまで請負う業界トップクラスの国内メーカー。主力製品である「O2カプセル」はサッカー日本代表選手である香川真司が使用していることで一躍有名になる。他にも、スポーツジムを運営するコナミスポーツ、プロ野球球団、大学病院などに納品している。

自宅に「酸素カプセル」を設置する個人も増えている

タイムワールド「酸素カプセルは、2002年のワールドカップ時にイングランド代表のベッカム選手が、全治10週間のケガを3週間で治したことで注目を集めました。

当時の酸素カプセルは安価で耐久性が低いソフトタイプのものが主流でしたが、現在は高気圧・高気密の性能の高いハードタイプが普及しています。また、14年前と比べると酸素カプセルの流通価格が300万円前後と比較的安くなり、1人でも安全に使えるようになったため、最近では自宅に設置する個人も増えています」

慢性的な酸素不足に陥っている現代人を救う「酸素カプセル」

タイムワールド「排気ガスや森林伐採など環境破壊の影響で、現代人は昔の人と比べれば“酸欠状態”。さらに、40代の男性は年齢と共に低下する心肺機能によって、酸素摂取量も少なっているでしょう。酸欠状態が悪化すると疲れが取れにくかったり、太りやすくなったりします。

酸素カプセル内では空気中よりも濃度の高い酸素を供給します。さらに、カプセル内を最大1.3気圧の高気圧環境にすることで、血液や体液に直接溶けこむ溶解型酸素を増やすことができます。溶解型酸素は毛細血管を通りやすいため、体の隅々まで酸素を行き渡らせることが可能。通常の気圧から取り込んだ酸素は99%がヘモグロビンと結合するため分子量が大きく、毛細血管を通りにくいという特徴があります。さらに、ヘモグロビンの量には限界があるため、ヘモグロビンの量を超えて酸素が運ばれることはありません。つまり、溶解型酸素を増やすことが酸欠状態から回復するためには重要なのです」

「酸素カプセル」で得られる5つのメリット

タイムワールド「酸素は人間にとって必要不可欠な物質です。酸素カプセルを使用することによって5の効果が期待できます。

(1)記憶力や集中力の回復効果
酸素の20〜25%は脳で使用するといわれています。脳の動きが活発になると酸素を大量に消費するため酸欠状態になり記憶力や集中力が低下しますが、高濃度・高気圧の酸素を摂取することで回復させることができます。

(2)疲労回復効果
酸素カプセルに30分間入ると、8時間寝たのと同等の効果があるとされ、疲労回復を期待できます。

(3)ダイエット効果
糖分や脂肪を燃焼させるためには酸素が必要です。酸素を身体に取り込むことで、新陳代謝をアップさせ、脂肪燃焼を促進させます。また、肝機能の代謝が活性化することで二日酔いの症状を早く元に戻す効果も期待できます。

(4)ケガの回復効果
筋肉や靭帯の損傷、骨折などで傷ついた細胞を再生するには、多くの酸素を必要とします。前述のベッカム選手が全治10週間のケガを3週間で完治させるなど、酸素濃度を高めることで身体の治癒力が上がります。

(5)アンチエイジング効果
酸素カプセルで細胞に届けられる溶解型酸素は毛細血管を通りやすいため、皮膚細胞の活性化が期待できます。

使用頻度は3日に1回がベスト。使う時間は自分にあったタイミングを見つけるのが良いでしょう。たとえば、仕事の生産性を上げたければお昼の休憩時間に入ると効果的。夜に入ると次の日の目覚めがスッキリするという人もいます。

また、酸素カプセルは健常者が使用しても、なかなか効果を実感しにくいです。わかりやすく効果を実感したい方は二日酔いや、頭痛がひどいときなど、明らかに体調不良時に使用してみるといいでしょう」

最後にアドバイザーからひと言

「ペースメーカーをご使用の方は、酸素カプセルの利用は控えてください」

Text by Katsuya Hokonoki(Seidansha)