640_396
- 素敵な40男とモテるスーツのイイ関係 -

モテる40男はスーツが普段着

文字だけ(スーツが普段着)を見てしまうと、少しばかり無理があるように思えるテーマですが、実はそれを無理なく、しかもスマートに実現してくれるのが、「3ピースを買い足すなら断然“新定番ブラック”を」でご紹介したブラックの3ピーススーツ。

合わせの幅が広いというメリットを備えた“マットな黒”であるがゆえに、ジャケット、ベスト、パンツそれぞれをお洒落なアイテムとして、バラ使いすることができるのです。

モダンでクールな“黒ジャケ”使い

ジャケットは大人の男の定番にして鉄板のアイテム。ですが、定番であるがゆえに差別化もしづらいというのが悩みどころ。「お洒落ですね」と思わせるためには少し手を加える必要があります。その正解が、黒いジャケット。紺色が清潔感や誠実さをアピールする色であるのに対し、黒はドレスやフォーマルで用いられる高貴な色味。ジャケット×デニムのようなカジュアルなスタイルで合わせることにより、ぐっと大人っぽい、それでいて他とも差別化された、理想的なジャケットスタイルが完成します。
ジャケット2万6000円/リネアオロ(ザ・スーツカンパニー 新宿本店)、カットソー1万5000円/チルコロ1901(トヨダトレーディング プレスルーム)、デニム3万4000円/PT05(PT JAPAN)、サングラス3万円/モスコット(モスコットトウキョウ)

いまひとつ物足りない……、そんな時の“黒ベスト”足し

こちらも男の定番シャツ一枚のスタイルを、もう一歩お洒落に、人と違って見せるテクニックとしてオススメなのが、ベスト足し。手軽なのにその効果は絶大で、シャツ一枚よりもきっちりとした、落ち着いた印象になります。さらにそれが黒いベストだとさらにシックに決まるうえ、どんなシャツでも合わせられるというメリットまで手に入る。1話でご紹介したような、スーツに黒いベストを一枚挟んでもとてもお洒落に楽しめますよ。
1万1000円/リネアオロ(ザ・スーツカンパニー 新宿本店)、シャツ2万5000円/ジャンネット、パンツ2万5000円/チルコロ 1901、ブレスレット各1万2000円/パオロ ヴィターレ(すべてトヨダトレーディング プレスルーム)、ベルトはスタイリスト私物

どんな着こなしとも合わせられる万能な“黒パンツ”

最後は3ピースアイテムのなかでもっとも優秀といって良い“黒パンツ”使い。なぜもっとも優秀かというと、Tシャツ、パーカ、ジャケット、レザーブルゾンにいたるまで、ありとあらゆるトップスと素晴らしい相性を発揮してくれるから。それも全体をモダンにいまどきに仕上げてくれるというおまけつきで。つるりとしたスラックスではなく、ウーリーな起毛した素材なればこそ実現する圧倒的な万能性は、あなたの毎朝のコーディネートでその身をもって実感していただけます。
パンツ1万3000円/リネアオロ(ザ・スーツカンパニー 新宿本店)、スニーカー3万2000円/アトランティック スターズ(チンクエステッレ)、ブレスレット1万2000円/パオロ ヴィターレ(トヨダトレーディング プレスルーム)、サングラス3万円/モスコット(モスコットトウキョウ)、ニットはスタイリスト私物

Text & Editorial by Kohei Ichimura
Photographs by Chicken Shinoyama
Styling by Masashi Yoshino
Hair&make by Rikako Imaizumi


 

ザ・スーツカンパニー 新宿本店 TEL:03-3226-3319
トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567
PT JAPAN TEL:03-5485-0058
モスコットトウキョウ TEL:03-6434-1070
チンクエステッレ TEL:03-6712-5197



第一回「3ピーススーツが40男においしいこれだけの理由」
第二回「3ピースを買い足すなら断然“新定番ブラック”を」
第三回「モテる40男はスーツが普段着」
第四回「旬のジャージースーツは“ダブル”の仕立てで」