スーツ特集
- 素敵な40男とモテるスーツのイイ関係 -

旬のジャージースーツは“ダブル”の仕立てで

このところよく見られるようになったジャージースーツの選びについて。その心地よい伸縮性と美しい見た目から高い支持を得ているジャージースーツですが、使い勝手と40男という視点で見れば、その選べは断然、前身頃の合わせが重なった“ダブルブレスト”でしょう。なにせ、カジュアルな印象のジャージースーツでも、貫禄たっぷりに着こなすことができるのですから。

シャツとスカーフで“ドレスアップ”にも

ダブルであれば、たとえばシャツと柄のスカーフを首元に足せばこのように華やかに着飾ることだって可能。知人同士のカジュアルなパーティや結婚式の二次会などには、かっちりしすぎるスーツよりも、自然とリラックスした雰囲気に仕上がるジャージースーツのドレスアップの方が、場馴れしている感じがしてむしろ素敵に会場に映えます。
①:ジャケット6万8000円、パンツ3万3000円/ともにチルコロ 1901、シャツ2万3000円/ジャンネット(すべてトヨダトレーディング プレスルーム)、時計とスカーフはスタイリスト私物

Tシャツとスニーカーで“カジュアル”にも

ジャージースーツとしての本領を発揮するのが、スーツのカジュアル使い。いつものTシャツとスニーカーだけでとてもシックに、大人に装うことができます。そしてダブルであれば、フロントを開けてもさらりとお洒落に決まる。いわゆる通常のお堅いビジネススーツではこうはいきませんから、スーツを普段着とするためにも、ジャージースーツはとても賢い選択。一着クローゼットにもっておくと、デイリーに愛用できるお40男のベストパートナーとなりますよ。
ジャケット、パンツは①と同じ、カットソー1万5000円/チルコロ 1901(トヨダトレーディング プレスルーム)、スニーカー3万2000円/アトランティック スターズ(チンクエステッレ)、サングラスはスタイリスト私物

タイドアップで楽〜な“仕事着”としても大活躍

ジャージースーツを仕事着として着こなすメリットは、相手に堅苦しい印象を与えないビジネススタイル。どこかリラックスしたそのスーツスタイルは、社内ミーティングや得意先への商談などに最適です。シングル仕立てだとカジュアルすぎてしまいますが、貫禄のダブルであればほどよく正統、なのに実はジャージーで楽々という、理想的なビジネスタイムを過ごすことができるのです。
ジャケットは①と同じ、シャツ3万円/ルイジ ボレッリ(バインドピーアール)、タイ1万5000円/ステファノ ビジ(トゥモローランド 丸の内店)、チーフはスタイリスト私物

Text & Editorial by Kohei Ichimura
Photographs by Chicken Shinoyama
Styling by Masashi Yoshino
Hair&make by Rikako Imaizumi

 

トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567
チンクエステッレ TEL:03-6712-5197
バインド ピーアール TEL:03-6416-0441
トゥモローランド 丸の内店 TEL:03-5220-2391


第一回「3ピーススーツが40男においしいこれだけの理由」
第二回「3ピースを買い足すなら断然“新定番ブラック”を」
第三回「モテる40男はスーツが普段着」
第四回「旬のジャージースーツは“ダブル”の仕立てで」