走りも本気の先進エコカー、VW「パサートGTE」登場
- スーパーカーブランド【フォルクスワーゲン】 -

走りも本気の先進エコカー、VW「パサートGTE」登場

フォルクスワーゲンのフラッグシップモデル「パサート」にPHEV(プラグインハイブリッド)のパワートレインを持つ「GTE」が登場した。2015年デビューの「ゴルフGTE」に続く、フォルクスワーゲンのGTEシリーズ第2弾だ。「パサートGTE」は、「GT」の名を冠している通り、ただのエコカーではなく、パフォーマンスも重視した先進的なPHEVモデルである(写真は欧州仕様)。

普段使いならEV走行のみも可能な先進的PHEV

2015年にフルモデルチェンジを行い、8代目へと進化したフォルクスワーゲンのフラッグシップモデル「パサート」。従来はベーシックな「トレンドライン」からスポーティな内外装を施した「Rライン」まで、4つのグレードを用意していたが、パワートレインは直列4気筒1.4Lターボ「TSI」エンジンの一種のみであった。

ディーゼルエンジンの導入も噂されていたが、パサート第2のパワートレインとして日本上陸を果たしたのはディーゼルエンジンモデルではなく、PHEVだった。

PHEVは、家庭用電源などから外部充電が可能で、電気モーターのみのEV車として走行できることが最大の特徴。パサートGTEは最長で51.7kmのEV走行が可能とされている。通勤や買い物といった普段使いだけなら、一滴もガソリンを使わずに走ることもできる新世代のハイブリッドシステムだ。

エコカーながらスポーツカー顔負けの加速性能

しかし、「GTE」の名前とスポーティな内外装が示すように、エコカーであることはこのクルマの一面にすぎない。

「GTE」は、フォルクスワーゲンがPHEVモデルに与える特別な名前である。同社には「GTI」というスポーツモデルがあるが、このコンセプトを受け継ぎ、PHEVでもスポーティな走りを実現したいという意図から、「GTE」という名前が付けられたのだ。

1.4Lターボ「TSI」エンジンに116ps(85kW)の電気モーターを組み合わせるのはゴルフGTEと同じだが、パサートGTEはエンジン出力、電気モーター出力がともにアップ。システム合計出力は218ps (160kW)、0-100km/h 加速は 7.4 秒で、最高速度は225km/hというから、なかなかの実力だ。しかも、電気モーターは発進直後から最大トルクを発生し、力強い加速が得られる。

走りのモードは、ピュアEVとして走行する「Eモード」、必要に応じてガソリンエンジンのパワーをミックスして走る「ハイブリッドモード」、そして電気モーターとガソリンエンジンをフルパワーで使う「GTEモード」の3つから選択が可能。このうち「GTEモード」では、アクセルペダルのレスポンスやパワーステアリングのアシスト、DSGのシフトプログラムまで、スポーティなセッティングに切り替わる。

ブルーのアクセントが入るGTE専用の内外装

パサートGTEには、セダンとステーションワゴンのヴァリアントがあり、それぞれに装備を充実させた「アドヴァンス」が設定される。ベースモデルでも、プリクラッシュブレーキシステムやレーンキープアシストシステムなど、先進安全装備やパサートで初採用となるLEDヘッドライト、ナビゲーション機能を備えたインフォテイメントシステム「ディスカバープロ」など、十分すぎるアイテムが揃う。これだけ装備が充実しているのは、このクルマがパサートシリーズのトップレンジを受け持つためだ。

さらに、アドヴァンスでは、駐車支援システムの「パークアシスト」、アウディ譲りのフル液晶メーター「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」、18インチアルミホイール、アダプティブシャシーコントロール「DCC」が追加装備され、インテリアはナパレザー仕上げとなる。

パサートGTEは、ゴルフGTEと同様にブルーのアクセントが入る専用の内外装を持つ。バンパーに備わるC字型のLEDランプは、ゴルフGTEだけでなく、日本未導入のEV車「e-up!」にも採用されるフォルクスワーゲンのeモビリティ戦略の象徴だ。
パサートGTEの価格は、519.9万円から。セダン同士で比べると、もっとも高価なRラインでも460.98万円なので、この価格は安いとはいえない。

しかし、ピュアEVとして使える経済性や、GTEでしか手にすることができない内外装、PHEVならではの走りを考えれば、魅力は十分にあるだろう。最先端のテクノロジーは、ときにファッションにもなりうるものだ。先進性を表現したい人にとって、今もっとも注目すべき1台なのは間違いない。