超希少なマクラーレン、675LTスパイダー特別仕様車
- スーパーカーブランド【マクラーレン】 -

超希少なマクラーレン、675LTスパイダー特別仕様車

スーパーカーを所有する醍醐味は、単にドライビングを愉しむだけにとどまらない。ガレージに停めた愛車を眺めるとき、街中を流して多くの人の視線を浴びるとき、そのすべての瞬間に高い満足感を得られるものだ。そのクルマが台数限定のスペシャルモデルなら、なおさらだろう。英国のスーパーカーメーカー、マクラーレンが新たに発表した「MSOカーボンシリーズLT」は、世界でわずか25台しか生産されない、まさに特別なモデル。オーナーの所有欲をすべて満たしてくれる1台である。

グロス仕上げカーボンを多用した「MSOカーボンシリーズLT」のエクステリア

「MSOカーボンシリーズLT」は、マクラーレンの3つのラインナップ「スポーツシリーズ」「スーパーシリーズ」「アルティメットシリーズ」のうち、スーパーシリーズのトップレンジを受け持つ「675LTスパイダー」をMSOがカスタマイズしたモデルだ。

MSOとは「マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ」の略称で、通常のラインナップでは満足できない顧客のために、オーダーメイドでカスタマイズを行う部門のこと。MSOカーボンシリーズLTは、その名の通り、「カーボンファイバー」をテーマにエクステリアをコーディネートした特別仕様車である。

ボンネット、Aピラー、ルーフ、トノカバー、前後フェンダー、前後バンパー、サイドブレード、リヤディフューザー、サイドスカートなど、ボディパーツの多くをグロス仕上げのカーボン素材で作り直し、通常モデル比で40%もカーボン素材の使用面積が拡大されている。

カーボングレーのボディに、ブラックカラーのマルチスポークホイール、そして織り目が透けて見えるグロス仕上げのカーボン製パーツが醸し出す雰囲気は、精悍そのもの。オレンジやイエロー、明るいグリーンなど、どちらかといえば鮮やかなボディカラーのイメージが強いマクラーレンのなかで、異彩を放つモデルだ。

ランボルギーニ「ウラカン」よりも軽いボディ

メカニズム面では675LTスパイダーからの変更はない。とはいえ、675LTスパイダーは、その上位にアルティメットシリーズの「P1」しか存在しない、事実上マクラーレンのトップに君臨するモデルである。

同じスーパーシリーズの「650S」の上級版として登場した675LTは、650Sよりも25psアップとなる675psを発揮するV8ツインターボエンジンを搭載。カーボンパーツを多用することで、650Sよりも100kg軽い1230kgという軽量ボディを実現した。スパイダーは、それよりも40kg重いが、ランボルギーニ「ウラカンLP610-4」が1422kg、フェラーリ「488GTB」が1370kgであるのを考えると、675LTスパイダーが異例なくらい軽いことがわかるだろう。

車重1トンあたりの馬力は、じつに532ps。0-100km/h加速はわずか2.9秒、326km/hもの最高速度を記録する。ちなみに、0-200km/h加速は8.1秒。普通の乗用車が100km/hに達するまでに、675LTスパイダーは200km/hを軽く超える計算だ。

MSOカーボンシリーズLTのパワートレインに675LTスパイダーからの変更がなかったのは、それ以上のものが必要なかったからである。

675LTスパイダーを買えるチャンスが拡大!?

MSOカーボンシリーズLTは、25台しか生産されない超希少な限定モデルだが、すでにたったの数日で完売してしまったという。

ただし、これはある意味、スーパーカーを所有する醍醐味を味わいたい人にとって朗報でもある。この25台は、生産予定台数が500台の675LTスパイダーとは別に作られる。つまり、MSOカーボンシリーズLTによって、675LTスパイダーを手にするチャンスがほんの少しだけ広がったと見ることもできるのだ。

ちなみに、MSOカーボンシリーズLTに装着されるカーボンパーツは、MSOでオーダーすることはできない。あくまで、MSOカーボンシリーズLTは25台しか作られないスペシャルモデルなのである。

Text by Muneyoshi Kitani