VW「パサート ヴァリアント」の日本専用限定モデル
- スーパーカーブランド【フォルクスワーゲン】 -

VW「パサート ヴァリアント」の日本専用限定モデル

フォルクスワーゲンのミドルレンジに位置するモデルで、2015年7月にフルモデルチェンジを受けた8代目「パサート」。このパサートのステーションワゴンモデルである「パサート・ヴァリアント」に日本専用の特別仕様車「ヴォヤージュ」が250台限定で追加された。限定車ならではの機能を備え、389万円と価格的にもお得な1台だ。

ベースはステーションワゴンモデルの「パサート ヴァリアントTSIコンフォートライン」

「ヴォヤージュ」のベースとなったのは、中間グレードのステーションワゴン「パサート ヴァリアントTSIコンフォートライン」。パワートレインには1.4L・TSIエンジンと7速DSGを搭載し、エクステリアには10スポークの17インチアルミホイールやフォグランプなどを標準装備している。

このほか、パサート・ヴァリアントはスタートボタンひとつでエンジンの始動や停止ができる「スマートエントリー」や、室内のスペースごとに制御できる「3ゾーンオートエアコンディショナー」などの快適な機能を備える。
今回、日本専用モデルとして投入された「ヴォヤージュ」は、このパサート・ヴァリアントに次世代の新型インフォテイメントシステム「“Discover Pro(ディスカバープロ)”パッケージ」など、人気のオプションを標準装備した特別限定車だ。

次世代の新型インフォテイメントシステム、LED付きヘッドライトなどを標準装備

新型インフォテイメントシステム「“ディスカバープロ”パッケージ」は、本来、17万8000円を払えば導入可能なオプション。通常のカーナビに加え、オーディオ&ビジュアル機能、Bluetooth(ブルートゥース)によるハンズフリー通話機能を搭載する。

さらに、燃費や走行距離、タイヤの空気圧、車両ステータスの表示や設定も可能で、ACC(車間距離制御装置)や前方車両との距離を自動計測して安全を図る「FrontAssist Plus(フロントアシストプラス)」などの設定も行える。

また、エクステリアには、20個のポジションランプ、12個のシグナルランプによって視認性の高さと長寿命を実現した「LEDヘッドライトパッケージ」を採用。リアガラスには、紫外線カットの効果もある「Car Window Film(カーウィンドウフィルム)レギュラースモーク」を装備した。通常、ベースモデルから約10万円の差額では手に入れられない人気のオプションが散りばめられている。

価格はベースモデルよりわずか10万円高いだけ

ヴォヤージュは、台数の限られた7色のボディカラーを選ぶこともできる。最も希少なカラーは、全国限定10台で、6万4800円の有償オプションである「クリムゾンレッドメタリック」。ほかにも、全国限定15台の「ナイトブルーメタリック」など、色鮮やかな選択肢を持つ。

モデル名のヴォヤージュは、ドイツ語で「航海」を意味する。先進的な安全性能に快適装備をプラスし、広々としたラゲッジスペースも相まって、アウトドアやレジャーを楽しみたい人の所有欲を刺激してくれる。車両価格はベースモデルより約10万円プラスの389万円と、お買い得感もあふれるモデルだ。

Text by Syuhei Kaneko