ビール腹にも効果的!? 「ダックスフンドポーズ」エクササイズ
- 簡単に引き締め!ぽっこりお腹のダイエット法 -

ビール腹にも効果的!? 「ダックスフンドポーズ」エクササイズ

バーベキューやビアガーデンなど外での暴飲暴食が増えるこの時期。薄着になることもあり、食べ過ぎでせり出したお腹が気になる人も多いはずだ。そこで摂り入れてほしいのが、簡単な姿勢を1回20秒ほどキープするだけでお腹周りを集中的に鍛えることができるという「ダックスフンドポーズ」。簡単なだけに、正しく行わないと効果が出ないというダックスフンドポーズのポイントについて、専門家に詳しく聞いた。

■今回のアドバイザー
六本木ボディプラントラボ所長
足立光さん

フィジカルトレーナーとして、プロ競技者から格闘家、モデル、芸能人などを指導してきたダイエット、ボディメイクの達人。最近ではタレントのLiLicoさんを3カ月で肉体改造させ、コンテストに入賞させた。自身も、50代を超えて脅威の肉体を維持している。

より効果を高めるプレイグゾースト法を使う

足立さん「『ダックスフンドポーズ』とは、別名『エルボースタンド・ブリッジ』や『プランク』とも呼ばれる静的な筋トレの姿勢。この姿勢を一定時間維持するだけで重心を安定させ腹筋を鍛えることができるため、最近流行しているようですが、一般の方がチャレンジする場合、体のどの部位に効果がでているのか実感しにくい難点があります。

そこでオススメしたいのが、あらかじめ効果を実感したい部位に負荷をかけておくこと。ダックスフンドポーズの前に、動的なABクランチなど腹筋運動をしておくことで、ダックスフンドポーズが『どこに効いているのか』を、わかりやすく実感できるようになり、効果的なトレーニングを行うことができます。動的な筋トレの後に静的な筋トレを併せるのは足立式オリジナルですが、これらは『プレイグゾースト(事前疲労法)』と呼びます」

腰が落ちた状態では効果ゼロ

足立さん「ダックスフンドポーズで重要なのが、顔を上下に傾けず頭を水平に維持することと、腰(お尻)を上げ過ぎたり落とし過ぎたりしないこと。腰が落ちた状態で20秒程度の姿勢維持なら、誰にでもできますし、それでは何の効果もありません。どうしても腰が落ちてしまうのは、腹筋に上体を支える力がない証拠です。

また、意外と見落としがちなのが意識して『お腹をへこませた状態』をキープすること。最初はゆっくりと呼吸をしながらお腹をへこませた状態をキープし、長く続けられるようになったら息を吐き続けたり息を止めたりしながらキープするようにしても良いでしょう。

簡単に腹筋が鍛えられるトレーニング法として取り上げられることも多いダックスフンドポーズですが、注意してほしいのが体格によって効果に差があること。たとえば腹筋が弱くても、体重が軽い人なら容易に姿勢のキープが可能です。逆に腰回りが大きい人や体重が重い人の場合は、腹筋がついていても姿勢のキープが難しいでしょう。思ったような効果が出ない場合は、自分の体格に合っていない可能性もあるので、我慢して続ける必要はないかもしれませんね」

最後にアドバイザーからひと言

「腰が落ちた(筋肉が伸びている)状態でプランクをすると腰椎に支点がかかるため、腰を痛めてしまうので気をつけてください」

Text by Naoya Aoyagi(Seidansha)