ランボルギーニ・ミウラ50周年を祝う特別限定モデル
- 大人のための最新自動車事情 -

ランボルギーニ・ミウラ50周年を祝う特別限定モデル

「ランボルギーニ」。少しでもクルマに興味があれば、いや、興味がなくとも、フェラーリと双璧を成すこのスーパーカーブランドを知らない人間はいないだろう。今でこそ確固たる地位を築いているが、意外にもその歴史は浅い。会社設立は1963年。トラクターなどの製造販売で財をなしたフェルッチオ・ランボルギーニがフェラーリに対抗して興したことは、あまりにも有名だ。当時、新興メーカーにすぎなかったランボルギーニを一躍世に知らしめたのが、1966年に発表された『ミウラ』である。40〜50代男性にとっては、1970年代のスーパーカーブームで人気を博した印象が強いだろう。2016年は『ミウラ』誕生から50周年。そのメモリアルイヤーを彩るべく、特別仕様車『アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ』が発表された。

ランボルギーニをフェラーリと並ぶスーパーカーブランドに押し上げた立役者「ミウラ」

『ミウラ』は、ランボルギーニが初めて手掛けたスーパーカーである。カロッツェリア・ベルトーネ製の流麗なボディに、ジャンパオロ・ダラーラが設計した4L・V12の大排気量エンジンをミッドシップで横向きに配置。なにもかもが新しかったこの1台は、世界中にランボルギーニの存在感を示し、一躍フェラーリと肩を並べるスパーカーメーカーへと押し上げた。

ランボルギーニをフェラーリと並ぶスーパーカーブランドに押し上げた立役者「ミウラ」

この伝説の名車に敬意を表してその名を冠した特別仕様車が『アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ』だ。ベース車両はランボルギーニのフラッグシップモデルで、約4317万円の『アヴェンタドール LP700-4』。6.5L・V12エンジンを搭載し、最高出力700ps、最大トルク690Nmを発生させる。最高時速は350km/h、100km/hまでをわずか2.9秒で加速する、まさにモンスターマシンだ。

ランボルギーニ「アヴェンタドール」をベースに「ミウラ」を意識したエクステリアカラー

エクステリアで最も印象的なのは、ツートンのボディカラー。上部は『ミウラ』の代表的なボディカラーに倣い、ソリッドなレッドを意識した「ロッソ・アランシオ」をはじめ、「ヴェルデ・スキャンダル」「ブルー・タヒチ」など、全部で6色が設定されている。

そして、下部を彩る「マットゴールド」(またはマットシルバー)がコントラストを生み出し、ボディ全体のイメージを引き締める。もちろん、これも『ミウラ』に由来することは言うまでもない。また、サイドにはメタリック仕様のミウラ・バッヂ、リアにはブラックのランボルギーニ・ロゴが施された。

ランボルギーニ「アヴェンタドール」をベースに「ミウラ」を意識したエクステリアカラー

ホイールにも『ミウラ』へのオマージュが感じられる。ボディ下部と同様に、マットゴールド(またはマットシルバー)のディオーネ20/21インチリムを設定。「ロッソ・アランシオ」にゴールドのホイールは、まさに往年の『ミウラ』を彷彿させる。

「ミウラ・オマージュ」は全世界50台の限定生産、すでに完売の情報もある超プレミアモデル

インテリアではカーボンファイバーパッケージを標準装備。シートには、全面がネロ・アデ(ブラック)のモノトーン、もしくはトーン・オン・トーンを施したテラ・エミリア・レザーシートが用意された。このシートには、ゴールドかシルバーの「Miura50」というミウラ50周年ロゴが、革張りのダッシュボードには「Lamborghini(ランボルギーニ)」の刺繍が施されている。

「ミウラ・オマージュ」は全世界50台の限定生産、すでに完売の情報もある超プレミアモデル

『ミウラ』が生産されたのは1972年までの6年間。台数は760台といわれている。この希少性も『ミウラ』が名車たる所以のひとつだろう。

一方、『アヴェンタドール ミウラ オマージュ』は、『ミウラ』誕生50周年にちなんで、全世界で50台の限定生産。価格は公開されていないが、すでに完売という情報も流れており、入手は困難。間違いなく、後世に名車として語り継がれる1台となりそうだ。

Text by Tsukasa Sasabayashi