汗臭いでは済まされない!「わきが」のセルフチェックと対策
- 口臭・ワキガ・加齢臭・足 ニオイ対策できている? -

汗臭いでは済まされない!「わきが」のセルフチェックと対策

夏場にスーツを来て仕事に励んでいれば、多少汗臭くなってしまうのは仕方の無いことかもしれない。しかし、周囲の反応が過剰に感じるときがあるとしたら…もしかすると「わきが」なのかも? 自分ではなかなか気付けないというわきがの症状について、セルフチェックと対策を共立美容外科・歯科の遠山貴之先生に教えてもらおう。

■今回のアドバイザー
共立美容外科・歯科 医師
遠山貴之先生

1997年順天堂大学医学部卒業、1997年順天堂大学医学部附属病院麻酔科入局を経て、2006年に共立美容外科・歯科入職。2008年より、共立美容外科 岡山院院長。日本美容外科学会会員、日本美容外科学会認定専門医、麻酔科専門医。

わきがが発生する原因は、汗と雑菌による腐敗臭

遠山先生「人間には3種類の汗腺類があります。1つめはエクリン汗腺。エクリン汗腺からはエクリン汗が分泌されるのですが、これは私たちが日ごろ『汗』と呼んでいるものです。2つめは、アポクリン汗腺。人間のワキや陰部のようなゴワゴワした毛の付け根、まれにおへそや乳首、肛門の周辺、耳の穴の中に存在します。3つめは、皮脂と呼ばれる脂肪を分泌する皮脂腺。上記の3つの汗腺類が連携しあい、ワキガが発生するカニズムを作り上げています。

アポクリン汗腺から分泌された汗が、エクリン汗腺から分泌された水分の多い汗によってワキの下全体に広がります。そして、皮膚の表面に住み着いている細菌と雑菌類と出会い、腐敗し、においを発生し始めます。そこへ皮脂腺からの脂肪も加わり、さらに臭いを強めていきます。この腐敗臭こそが、『わきが臭』になるというわけです」

自分では気付かないわきがの症状をチェック!

遠山先生「食の欧米化が進んだ現代では10~15%の日本人がわきがだと言われているにもかかわらず、当の本人はわきが臭に意外と気付かないもの。以下のチェックリストをご自身に当てはめて、わきがの可能性があるかどうか確認してみてください。

1)他人から臭いを指摘されたことがある
2)汗をかくと洋服に黄色い汗ジミがつく
3)耳アカは湿っているほうだ
4)両親のどちらか、または両方がワキガである
5)どちらかといえば毛深い方だ
6)肌は脂性である
7)ストレスが多いと感じる
8)野菜より、肉に目がない
9)脂っこい食べ物が好きなほうだ
10)お酒、タバコは好きなほうだ
11)脱いだ靴下や靴が臭いと感じる
12)汗をかくほうだ
13)緊張したり興奮したりすると汗ばむ

どれも多くのわきがの方が当てはまる項目ですが、特に1)~5)の中で2つ以上該当される方は、わきがである可能性が高いです」

外科手術だけじゃない!わきがの対処法は日々進化中

遠山先生「もしご自身がわきがであったとしても、正しい処置をすることで臭いを気にならなくすることが可能です。ご自宅で出来る手軽な方法としては、『防己黄耆湯』という漢方薬の内服や、リラックス効果があるアロマやハーブをわきのトリートメントに用いることで、わきが臭を軽減することができるでしょう。

それでもまだ臭いが気になるという方は、病院での処置がオススメ。最も有名なのは、アポクリン腺、皮脂腺、エクリン腺を外科的手術で取り除く『切開法』ですが、外科的でない施術もあります。例えば、『ミラドライ』というマシンは、マイクロ波エネルギーによってアポクリン腺とエクリン腺の機能をなくし、手術と同様に長期間の効果をもたらすもの。また、当院で開発され特許を取得した『ローラークランプ法』では、ローラーで皮膚を押さえながら汗腺類を吸引し、わきがの処置と同時に脱毛も出来ます。

多くの方がわきがの悩みで病院を訪れており、その人にあった処置でわきがを改善されています。『もしかしてわきがかも…』とお悩みの方は、気軽にご相談くださいね」

最後にアドバイザーからひと言

「わきがでお悩みの方は早めにご相談ください。相談するだけでも気が楽になると思いますよ」