夏の新常識!? 男のムダ毛ブリーチ術
- 40代のアク抜きダイエットテク -

夏の新常識!? 男のムダ毛ブリーチ術

暑さが厳しくなり、ビジネスシーンにおいてもクールビズが一般的となっている昨今、涼し気な服装で働く男性が増えている。しかし、仕事の商談中、半袖のシャツから見えた腕毛に視線が集中した経験はないだろうか。そんな男性に提案したいのが“ムダ毛の脱色”。スネや腕の毛を脱色することで、肌への負担が少ないまま身だしなみを整えることができるという。そこで、男性向けの「むだ毛脱色クリーム」を販売している柳屋本店・広報課の菅井志門さんに、ムダ毛脱色のメリットや使用方法について聞いた。

■今回のアドバイザー
株式会社柳屋本店
広報課
菅井志門さん

創業1615年、400年以上の歴史が続く老舗化粧品店。抜け毛防止、発毛促進などの育毛トニックや、近年人気の整髪料「ヘアグリース」などの開発、販売をおこなう。

ムダ毛を気にする男性急増中! ハーフパンツやアウトドアブームがきっかけに

菅井さん「黒々としたムダ毛を脱色すると、うぶ毛のような金髪になり、相手に清潔な印象を与えることができます。40代の男性のなかにはムダ毛に対する若い世代からの視線が気になっている人もいるので、コンプレックスを払拭したいという方におすすめのケア方法です。また、除毛や脱毛はムダ毛を根本から除去しますが、男性のムダ毛は少なすぎても相手に違和感を与えるものなので、適度に金髪の毛を残したほうがベターといえます。

近年では、キャンプやフェスなど、屋外でのアクティビティがブームになっているため、腕や脚の肌を露出する機会がとても多くなっています。ファッションとしてのハーフパンツの人気も高く、クールビズの一環としてハーフパンツ着用を推奨している企業もあるほどです。プライベートからビジネスシーンに至るまで、男性のムダ毛処理への意識が高まっています。実際に当社の男性向けムダ毛ケア商品の売上も以前よりアップしているんです」

使用前のパッチテストはマスト! 肌トラブルを未然に防ぐこと

菅井さん「女性用に比べて男性用のムダ毛脱色剤の種類はあまり多くありませんが、通販やドラッグストアでの購入が可能です。そして、脱色をはじめる前には、必ず薬剤に対するアレルギー反応を調べるパッチテストをおこなってください。パッチテストによって、肌の赤みや腫れ、強い痛みが出た場合は使用できません。肌の状態によってはアレルギー反応が出ることがあるので、テストは毎回おこないましょう。

パッチテストで問題がなければ、注意事項をよく読んで用法用量を守って使用してください。毛を剃るときにカミソリ負けをするなどの肌ダメージや、毛根を刺激する除毛クリームよりも肌への負担が少ないことも、ムダ毛脱色のメリットのひとつです。それでも肌へのダメージが気になるという人は、事前にボディクリームを塗ってから脱色をすると肌への負担が和らぎます」

胸、デリケートゾーン、ワキの下の使用はNG!

菅井さん「肌に合わない場合は、使用を控えましょう。とくに、胸やデリケートゾーン、ワキの下など肌が弱い部分への使用は危険です。脚・腕のムダ毛以外には使用しないでください」

最後にアドバイザーからのひと言

「ムダ毛を気にせず前向きな気持ちでハーフパンツを履いて、とても開放的な気分になれた、という男性もいます」

Text by Miki Ohnuki(Seidansha)