おとなの週末_1607号
- おとなの週末 powered by éditeur -

夏のうなぎ三昧 『白金台 うなぎ藤田』

蒸し暑い梅雨の時期から夏本番に向けて、
美味しいうなぎを食べて元気を出しましょう。
いわゆる老舗有名店にも負けていない、
味も価格も◎なイチ押し店をご紹介します!
職人渾身のうな重や白焼き、ぜひご堪能あれ。

撮影/大西尚明
取材/菜々山いく子

素材にこだわる浜松の老舗が都心に出店!
白金台 うなぎ藤田

浜松に本店を構える老舗が今年3月に都心へ出店した。明治期に初代がうなぎの行商をはじめたのがこの店のルーツ。そのため素材には徹底したこだわりを持ち、使用するのは浜名湖産を中心とした特に質の高いうなぎのみ。それを約1週間、地下115mからくみ上げた井戸水の中でエサを与えず泳がせる“活かし込み”という独自の手法をとることで、泥臭さを完全に抜き脂に甘みをもたせている。蒲焼きは、創業以来継ぎ足すタレにくぐらせつつ、備長炭でしっかりと焼きを入れることで、身からえもいわれぬ香ばしさがあふれてくる。
うな重(花) 3564円 創業以来継ぎ足すタレは芳醇な脂の甘みをしっかりと受けとめる
きもの天麩羅 756円 素焼きした肝をカラリと揚げる。ニガ玉(胆のう)をあえて残すことで、ほろ苦さがあり酒に合う
きもわさ 756円 生の肝を塩でもみ洗いしてからさっと湯通し。プリプリとした歯ごたえがたまらない