自然素材と伝統製法を生かしたドイツ発の新進気鋭テキスタイルブランド
- 住まいをもっと豊かにする家具家電 -

自然素材と伝統製法を生かしたドイツ発の新進気鋭テキスタイルブランド

ブランケットやピローケースといった肌に触れるテキスタイルは、デザインとともに素材や触り心地も重視したいところ。そんな思いに応えてくれるブランドがドイツの「leingrau(ライングラウ)」だ。自然素材を用い、伝統の技術を生かしてモダンな製品をハンドメイドしており、国内でも株式会社山秀によって販売が開始された。

素材を自在に組み合わせて多彩なデザインを実現

ドイツ・ベルリンを拠点にする「ライングラウ」が女性デザイナー、イルツェ・レーブスによって設立されたのは2013年のこと。歴史は浅いが、注目を集めている新進気鋭のラグジュアリー・ブランドだ。

ライングラウの製品は、すべてベルリンの工房で手作りされており、自然素材と伝統的な製法、そしてデザイナーの感性という3点が、その製品を素晴らしいものにしている。

素材はすべてがナチュラルなもので、メインはオーガニックのピュアリネンとメリノウール。一部の商品ではオーガニックコットンも使用している。製造の過程では、フェルティングをはじめとした伝統的な技術の数々を駆使。また、素材をデザイナー独自の感性によって、様々な形・配合・構造で自在に組み合わせることで、モダンかつ洗練されたデザインに仕上げている。素材の良さを生かしているため、温かみもあり、肌に触れた際の感触が優雅なのも特徴だ。

展開している製品は、ピローケースやブランケット、ラグマット、スカーフ、ショール、バッグなど。使用する素材は限られているものの、できあがるデザインには実にさまざまな種類がある。ここでは、一部を紹介していこう。
まず、心地よい眠りを提供してくれるに違いないピローケース。写真の2品はいずれも60%のリネンと40%のメリノウールで構成されており、左の「ピローケース KARO(ベージュ)」は、異なる生地の組み合わせによって、チェックの模様を浮かび上がらせている。一方、右側の「ピローケース BASE(ベージュ)」は、質感を生かしたシンプルなデザイン。どちらもサイズが3種類用意されており、クッションカバーとしても活用できる。
続いて、寝具としても、膝掛けとしても便利なブランケット。左側は「ブランケット BIRKE」のホワイト/ブルーで、BIRKE(シラカバ)の表皮を思わせる模様が見事な一品だ。右側の「ブランケット BASE」は、落ち着きのあるデザインで、微妙に色合いが異なるブルーが美しく混じり合っている。ブランケットも3種類のサイズが用意されており、使用するスタイルに合わせて選べるのもありがたい。

鉱石のような斬新なデザインのラグマットも

小物もいいけれど、たとえばリビング全体に彩りや温かみを加えられるような製品がほしい……そんな方には、ラグマットがオススメだ。ここでは、異なる魅力を持った2品を紹介しよう。
まずは、「ラグ RED TURMALINE」。その名の通り、トルマリン鉱石を思い起こさせる鮮やかな色合いとユニークな形状が目をひくラグマットだ。直径160cm、180cm、そして200cmの3サイズが用意されている。
こちらの「ラグ VAPOOR」は、2つのカラーが柔らかに交わるラグマット。シンプルながらも、フェルティングならではの美しさを感じさせるデザインだ。
最後に紹介するのは、ユニセックスなデザインの「スカーフ IDA(ペールブルー)」。40%のリネンと20%のメリノウールに加えて、40%のオーガニックコットンを使用。コーディネートの幅を広げるとともに、上質な肌触りも提供してくれるだろう。

伝統の技術へ敬意を払い、自然素材を用いて、デザイナーの自由な発想によって生み出されるライングラウのアイテムの数々。国内では株式会社山秀によって、ソーシャル型ショッピングアプリ「Origami」にて一部が販売中で、ラインナップは順次増やされる予定。また、山秀のオンラインショップでも2016年の秋以降に販売開始を予定している。

Text by Fumio Miyata