日本酒の八海山が手掛ける上質なスキンケア
- しみ・しわ・たるみを防ぐ!メンズスキンケア -

日本酒の八海山が手掛ける上質なスキンケア

紫外線の増える季節、男の肌はダメージを受けている。日焼けした肌がもてはやされたのは昔の話、男のスキンケアは当たり前のことになった。しかしドラッグストアなどで簡単に手に入るようなものでは納得がいかない、というこだわり派も多いはず。そこでおすすめしたいのが、新潟の銘酒「八海山」から生まれたスキンケア用品だ。

長期低温発酵した清酒を贅沢に使用

新潟県南魚沼市にある八海山は越後三山のひとつで、標高は1778メートル、古くから霊山として崇められていたという。そして魚沼は有数の米どころであり、冬には数メートルの雪が積もる豪雪地帯だ。その地に蔵を構え、魚沼の湧き水と米を使って丁寧に仕込まれる日本酒「八海山」は、冷でも燗でも美味い酒だが、その八海山を贅沢に使ったスキンケア製品があるのをご存知だろうか。それが「cotte」(コッテ)だ。

日本酒を造る蔵人の手や肌は美しいといわれるが、日本酒に含まれているアミノ酸などが天然の美容成分として働いているからだそう。その効果を感じられるのがcotteであり、長期低温発酵した日本酒の天然のアミノ酸をたっぷりと含んだ米発酵液と、酒の仕込み水である八海山の清冽な伏流水が使われている。

魚沼の恵みが生み出した“cotte”

「洗顔フォーム」は日本酒を10%配合、アミノ酸洗浄成分はつっぱり感がなく、シラカバ樹液やシアバターなどを配合し、潤いを守りながらすっきり洗い流してくれる。洗顔後は化粧水や乳液不要のオールインワンタイプの「フェイスジェル」を。日本酒、酒粕エキスなどの保湿成分を配合、しっかりと潤いながらもベタつかず、清涼感のあるすっきりした使い心地なのでアフターシェーブとしても使える。また全身を潤す「ボディジェル」も日本酒を10%配合。伸びがよく肌なじみがいいので、全身くまなく使える。
さらにcotteにはベタつきが少ない、ほのかに日本酒の香りのするハンドクリームや、ナチュラルな使用感で柑橘系の爽やかな香りのノンシリコンのシャンプー、トリートメント、ボディソープ、美容成分がたっぷりと染みこんだフェイスマスク、ミニボトルがセットになったトラベルセットが揃っている。cotteは男性・女性を問わないので、パートナーと一緒に使えるのも嬉しい。
パッケージデザインも上品で落ち着きがあり、公式サイトでのショッピングではcotteオリジナルタグ付きのギフトバッグで届けてもらえるギフトラッピングもあるそうなので、親しい人へのプレゼントにも最適だ。
「神様が酒を造るために授けてくれた土地」といわれる八海山。リピーターも多いという、魚沼の恵みが生み出したcotteをぜひ体感してほしい。

Text by Tamotsu Narita