美女と心を通わせるには、口説くでなく●●
- 【モテ技】必読!美女とのデート成功法・失敗例 -

美女と心を通わせるには、口説くでなく●●

デートが失敗する原因としてよくあるのが、男の独りよがりなトークに女性がウンザリしてしまうケース。双方にとって楽しいデートというのは、会話による心地よいコミュニケーションが成り立っているということなのだ。女性が求める心地よいコミュニケーションを行うためには、どんなところに気をつけるべきなのか。また、女性の心が離れて行ってしまう独りよがりなコミュニケーションとは? 美女の指南を仰ごう。

■今回のアドバイザー
Yさん 女子大生 20歳

せっかく美女とのデートにこぎ着けても、不快なコミュニケーションで嫌われてしまっては、今までの努力が水の泡。気をつけるべき言動について、アイドル活動を行いながら大学生として学業もこなす清楚系美女・Yさんに教えてもらった。

恋愛感情抜きに親身になってくれる方は好印象

Yさん「私たち20代女子が40代のオジサマ達と会うのには、豊富な人生経験からアドバイスをしてもらうことを期待している部分もあります。だから、こちらの悩みに対して紳士的にアドバイスを下さったり、将来の悩みについてすごく親身に相談にのってくださったりすると、『頼りがいのある方だな』と思って印象がすごく良くなりますね。

特に、私に彼氏がいることを知っても、うまくいくように応援してアドバイスをしてくださった方は、好感度がものすごく上がりました! 彼氏がいるってことをお伝えした瞬間に、ヤル気のない態度になる方も多いので…。そういう方には、ちょっとガッカリしてしまいますね」

出会って間もないのに情熱的すぎると引いてしまう

Yさん「一緒に食事などに出かけている以上、少なからず好意を持って下さっているんだろうな、とは思うんですが、強引にその好意を押し付けてくるような方にも、ちょっと困ってしまいます。まだ出会って間もないのに『彼女になって』『大好き』なんて口説かれた時は、『私のことまだ何もしらないのに?』と思ってなんだか恐くなってしまいました。

内面のことをよく知らないまま情熱的に迫られると、若い女の子なら誰でも良いロリコンのような印象です。付き合いが浅いうちは、きちんと距離感を保って欲しいですね」

失礼な下ネタは、盛り上がるどころか不快

Yさん「それから、大前提として下ネタは控えていただいたほうがいいと思います。いくらお酒が入っているからといって、なんでも言っていい訳ではないですよね。

直接的な下ネタではなかったんですけど、以前、愛人のような関係へのお誘いを切り出された時はすごく不快でした。すべての40代男性の印象も悪くなってしまいかねないので、紳士的な態度は忘れないようにしてもらいたいです」

最後にアドバイザーからひと言

「また会いたいと思える40代男性は、親身なアドバイスをくださる方です」