ポール・スミス六本木
- 噂の美人店員が選ぶ「これが私のマイフェイバリット」 -

ポール・スミス六本木店に行くなら美人店員村田優紀さんをチェック!

大人の男であるほど、遊び心はあるにこしたことはありません。ですが、難しいのは取り入れ方よりもむしろそのさじ加減であって、言動であれお洒落であれ、行き過ぎた遊びはコスプレや若作りに直結します。そのあたりのさじ加減を十八番としているのが、ポール・スミス。

そこで、4月29日にオープンしたばかりのポール・スミス六本木店に勤める、村田優紀さん(20歳)に、40男の遊び心と取り入れ方についてお話をうかがいました。

「40男であれば、季節感のあるさわやかさにちょっぴり遊び心を散りばめて」

初々しさとあどけない笑顔で接客してくれた若干20歳の村田さんは、今年の4月にポール・スミスで勤務を始めたばかり。さわやかな男も、セクシーな男も個人的には好きなのだそうですが、もう一歩、「人とは違ってお洒落だなぁ」と感じるのが、遊び心を取り入れた着こなしなのだそう。

「遊び心があるとシンプルな着こなしでもそうは見えません。だから合わせも簡単で良いというメリットがあります」

ファッションにおける遊びは、コーディネートがシンプルであればあるほど際立ちます。ですので、合わせるアイテムはシンプルかつ簡単なもので十分にお洒落。例えば、手持ちの愛用品であっても、1点遊び心あふれるアイテムをさせば着こなしはぐっと新鮮になります。

「大人の男性であるほど、遊び心は女の子にチャーミングにうつります」

夏らしく、かつ遊び心溢れるコーディネートとして村田さんが組んでくれたのは、ブルーの半シャツに紺色のスラックスとスニーカーを合わせた、さわかなサマースタイル。青と白だけで構成されたとてもシンプルな着こなしですが、よく見るとブルーの半シャツにはパームツリーの刺繍が施されています。
シャツ1万8000円、パンツ1万8000円/PS ポール・スミス、カットソー1万4000円/PS バイ ポール・スミス、スニーカー2万円/ポール・スミス、サングラス3万8000円/ポール・スミス スペクタクルズ(すべてポール・スミス 六本木店)

 

「このシャツすっごく可愛いなと思ってたんです。大人でも着られて、遊び心がありますよね」

トップスで遊んでいる分、ボトムには大人らしいスラックスを、スニーカーは真っ白なものを合わせることで、子供っぽく見せないのがポイントなのだそう。

「最初のデートほどカジュアルが良い(笑)。その方が仲良くなれると思うし」

自然あふれるカジュアルなデートに連れていってもらいたい、と話すアウトドア派な村田さんは、2人で親密になるために食事もカジュアルなお店の方が良いと言います。

「海にドライブに行って、海の見えるカフェでまったり。そんな大人なデートなのに、夜は居酒屋(笑)。でも、そういうカジュアルで飾らない感じが好きなんです」
彼女とのふたりの時間を盛り上げるのは、高い服でも、高級店のフルコースでもなく、ほんのちょっとの“遊び心”。そしてそれは、あなたが正統であればあるほど効果的。ファッションもデートも“遊び心”を意識することで、より魅力的な40男になれるはずです。

Text & Editorial by Kohei Ichimura
Photographs by Chicken Shinoyama