20代女子が語る「好きになるのは●●上手」
- 20代女子に聞く! モテオヤジの条件 -

20代女子が語る「好きになるのは●●上手」

40代男性がモテたいあまり陥りがちなのが、武勇伝や自慢話をして引かれてしまうこと。確かに、自信満々で男らしい男性がモテる時代もあったが、それはあくまで40代男性が若い頃に王道だったやり方だ。いつまでも若い頃と同じアピール方法をしていては、痛々しいオジサンと捉えられてしまう可能性がある。そんな悲惨な事態を未然に防ぐために、40代という年齢に沿ったセルフアピールの方法について、20代美女に指南してもらおう。

■今回のアドバイザー
Sさん サロンレセプション25歳

読者モデルとして活躍する美女・Sさんは、その美貌を活かして表参道の美容室で受付もこなしている。美容師の同僚や取引先メーカーの男性から頻繁にデートのお誘いを受けるが、勢いのあるトークが得意な男性よりも、落ち着いた会話ができる聞き上手な男性に惹かれるのだそう。

“自己アピールオジサン”よりも、“ミステリアスなオジサマ”

Sさん「ルックスも好み、性格の相性も良さそう…という人はもちろん何度でも会いたくなりますが、意外なところで次回のデートを楽しみにしてしまうのが”ミステリアスな男性”です。

『どんな服で来るかな?』『どんなことに興味があるんだろう?』って、気がつくとその人のことを考えてしまう。だから、最初からガンガン自分の全てをアピールしてさらけ出してしまうのって、ちょっともったいない気もします。『もっと知りたい』って気持ちが湧かなくなるんですよね」

聞き上手な男性が頑張って会話する様子がカワイイ

Sさん「それから、あんまり百戦錬磨というタイプよりも、女性に慣れていないくらいの雰囲気がある方が好きです。以前仕事関係の40代男性と食事をしたんですけど、結構偉い役職の方なのにすごく謙虚で無口で、私との会話に精一杯答えてくれる様子に思わずキュンとしてしまいました。話すのはあまり上手じゃなくても、私の話を真剣に聞いてくれる誠実な態度も素敵で…。

年上男性の『可愛い』は、女性の母性本能を強くかき立てますよね。自己主張は控えめに、女性の会話に寄り添うような態度の男性は、大人っぽいな~と思います」

大切なのは、女性の話を聞いているという態度

Sさん「女性って基本的に、話を聞いて欲しい生き物なんです。悩み相談をしても、それは悩みを解決したいというよりとにかく話して、聞いてもらって、スッキリしたいという感じ。そんな女性ならではの話を上手に聞いてくれる男性は、モテて当たり前ですよね。私も、飲み会など男性が多くいる場にいくと、なるべく静かな人のそばにいるようにしています。

自分のことばかり話し続けてしまうという男性は、ちょっとだけ女性の話に耳を傾けて、アドバイスをするのではなくひたすら頷いて相づちをうってくれるだけでもポイントアップすると思います。自分がどれだけすごいかよりも、大人の安心感があることをアピールしてほしいですね」

自己アピールしているつもりでも、女性はうんざり…

Sさん「話すことが大好きな女性にとって、ひたすら話し続けるタイプの男性はもっとも苦手なタイプ。いくら自分をアピールしたいからといって、初対面でずっと自分の自慢話や愚痴を聞かされ続けていたら、楽しい時間を過ごせた…とは思えないです。

『自分のこと大好きなんだな』ってドン引きしてしまいそう。話しつづけることで女性にストレスを与えることよりも、黙って聞き上手に徹したほうがずっとモテるんです」

最後にアドバイザーからひと言

「女性の話を上手に聞いてあげる、大人の男性って素敵です」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto