大人の初デート「最適時間」はどれくらいなのか?
- 【モテ技】必読!美女とのデート成功法・失敗例 -

大人の初デート「最適時間」はどれくらいなのか?

20代女子との初めてのデートとなれば、どうしても行き先やデート中の話題などについて目線がいきがち。しかし、本当に気を配るべきなのは実は「デートに費やす時間の長さ」なのかもしれない。20代女性からしてみれば、40代の経験豊富な男性はまさに危険なオオカミ。彼女の疑惑を晴らすための、ちょうどいい「デートの時間」は一体どれくらいなのだろう。

■今回のアドバイザー
Aさん 議員秘書 27歳

やわらかな空気感と、にじみ出る包容力。絶やすことの無い優しい笑顔にフェミニンさが漂うAさんだが、40代男性達に向けて毅然とアドバイスをしてくれた。

デートをアッサリ切り上げられると次回が楽しみになる

Aさん「すごく張り切って長時間の初デートをプランニングする人もいると思いますが、実はあんまりお勧めできません。というのも、20代女子はまず安心したいんです。まだ電車もあるうちに2時間くらいでさくっと切り上げてもらえると、ズルズル引き延ばされてホテルに連れ込まれる…みたいな不安がなくなりますよね。あまりに拍子抜けで、逆に気になるという効果もあると思います。

それに、話が長くなると、40代男性ってちょっと説教くさくなることもあって…。凝り固まった女性像を語られてお説教なんてされたら、一気に気分も盛り下がってしまいます。価値観を深掘りせず、エレガントにエスコートしてくれて、こっちの話を聞いてくれて、そのうえアッサリ終わると純粋に『楽しかった』という気持ちが残って、また次も会いたくなります」

アドバイス好きや体目当ての男性のために時間を割きたくない

Aさん「お説教はイヤと言いましたが、年上男性って社会の先輩としてアドバイスをしてあげよう、みたいなスタンスの人が多いですよね。でも、20代女子が求めているものは、あくまでも『女性として尊重してもらうこと』。対等に会話を楽しみたいので、お説教してくる人や体目当ての人とのデートには行きたくありません。

それに、20代女子って実は意外と多忙。仕事はもちろん、友達と遊んだり飲み会の予定も多かったり…。そんな中でせっかくデートの時間を作っているということを、男性には分かって欲しい。一緒にいて疲れる人とは、デートする意味がありませんよね」

連れて行って欲しいのは、庶民的で楽しいお店

Aさん「あっさり目にデートを切り上げるためにも、お店選びはもちろん重要なポイントです。初めてのデートで連れて行って欲しいのは庶民的なお店。『外観はボロイけど知る人ぞ知る美味しいお店』や、ワイワイ楽しめる仕掛けのあるようなお店は、周りの女の子からもリクエスト率が高いです。年上ならではの知見の広さで楽しいお店選びをしてもらいたい。

反対に、ムードたっぷりなバーなんかは最初のデートからはちょっと楽しめないかもしれません。色っぽい空気を出されすぎると、『あっさりデート』を求めているのに、お腹いっぱいになって引いてしまいそう(笑)」

気まぐれでOKしたデートは、軽めなほど印象◎

Aさん「そもそも、初めてのデートで女性がノリノリで来ている…というシチュエーションって、すごく稀だと思うんです。何度目かの誘いで連れ出したのなら、それはきっと『たまには行ってみようかな?』くらいの気まぐれのしわざ。誘ってくれている人のことを、急に好きになっているわけではないですよね。本当にたまたま気が向いて行ってみた、くらいの場合、濃厚なデートはNGです。次回に繋げるためにも、あっさりした物足りないくらいのデートでゆっくりと距離を近づけてほしいです」

最後にアドバイザーからひと言

「女子に『物足りない』と思わせるくらいの短時間デートを心がけて」

Text by Takumi Arisugawa

Illustration by Ayako Sakamoto